SDGsへの貢献 8.働きがいも経済成長も 9.産業と技術革新の基盤をつくろう 11.住み続けられるまちづくりを

音楽を通じた国際文化交流への取り組み

ANAグループは公益財団法人NHK交響楽団(N響)の海外公演の開催を支援しています。2018年9月にはホーチミン・ハノイの2都市で、日越外交関係樹立45周年記念事業の一環として、N響ベトナム公演が開催されました。
市民の憩いの場として日常的に親しまれ、約100年前からさまざまなベトナムの歴史を見守ってきたオペラハウスでの両公演は盛況に終わり、指揮者・井上道義氏の力強くも繊細な指揮に導かれる音色は、会場を埋め尽くす満員の聴衆の心に深く刻まれました。
また、ベトナム公演の開催にあたっては、ANA Cargoが万全な安全・品質管理のもと、デリケートな取り扱いが求められる楽器の国際間輸送にも協力しました。
ANAグループは、音楽を通じて人々の心を繋ぎ、日本が誇る芸術文化を世界に発信することで、国際文化交流・人的交流を推進していきます。

UNESCO サポーターとしての国際協力プログラムへの支援

ANAは、2013年9月に世界で初めてUNESCO(国際連合教育科学文化機関)の公式サポーターとなり、UNESCOが行う「教育・科学・文化」プログラムをサポートし、持続可能な社会に向け、文化を守り次の世代に継承する活動を行っています。

カンボジアにおける観光資源の保全

世界初のUNESCO公式サポーターとして、世界遺産などの啓発活動を推進しています。2016年9月の成田‒プノンペン線の就航を機に、「アンコール・ワット西参道修復工事サポーター」として、上智大学が取り組むアンコール・ワット遺跡保存修復活動を支援しています。
2019年3月には、第2回目の実施となるアンコール・ワットの西参道修復に向けたボランティア活動を行いました。グループ社員によるボランティアは、上智大学「人材養成研究センター」の先生方やアンコール遺跡群を管理しているアプサラ機構(アンコール地域遺跡保護管理機構)、地元の石材加工職人の方たちとともに汗を流し、参道および土手沿いの雑草駆除・清掃作業を行いました。
ANAグループは、今後も上智大学のアンコール・ワット遺跡保存修復活動を積極的に支援していきます。

グローバルヘルス技術振興基金とのパートナーシップ

2015年6月に、感染症などの医療品開発研究に向けて日本の技術の活用により世界的な連携を促進する「グローバルヘルス技術振興基金」とパートナーシップを締結しました。今後、感染症の伝播防止にとどまらず、その撲滅にも協力していきます。

公益財団法人 岡崎嘉平太国際奨学財団

ANAの第2代社長(任期:1961年から1967年)岡崎嘉平太は、1962年の日中覚書貿易(通称LT貿易)締結に際し日本側の責任者を務めたことをきっかけに、後の1972年日中国交正常化へ向け公私にわたり日中友好のために尽力し、かの周恩来首相とも親交がありました。
岡崎嘉平太国際奨学財団は、その遺志に基づき、アジア諸国の人づくりへの支援を目的に1990年に設立され、中国、タイ、マレーシア、インドネシア、ベトナム、ミャンマー、台湾から毎年数名の留学生を招聘して、日本の大学院(修士課程)に進学する支援を行っています。2018年度においては、14名の奨学生を支援しました。
留学生は、財団の支援により勉学のみならず、滞在中に京都、奈良、岡山、北海道など日本各地の文化、風土、自然、遺跡等を訪問、日本についての理解を深めるための活動も行っています。

ページトップへ