ANA HOLDINGS NEWS

宮崎県・宮崎銀行・ヤマト運輸・ANA Cargo

平成27年7月29日
宮崎県
宮崎銀行
ヤマト運輸株式会社
株式会社ANA Cargo

 

宮崎県・宮崎銀行・ヤマト運輸・ANA Cargoが
県産品の販路拡大に向けた「連携協定」を締結
~宮崎県が初の物流事業者との連携で、県産品の販路拡大を推進します~

 宮崎県(知事:河野 俊嗣)と株式会社宮崎銀行(代表取締役:平野亘也 以下宮崎銀行)、ヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸株式会社(代表取締役社長:長尾 裕 以下ヤマト運輸)、ならびに株式会社ANA Cargo(代表取締役社長:岡田 晃 以下ANA Cargo)は、宮崎県産品の販路拡大を通して地域経済の活性化を図るために連携協定を締結し、本日、宮崎空港にて調印式を行いました。


1. 背景
 日本のひなた宮崎県は、豊かな自然と温暖な気候を活かして、「宮崎牛」や完熟マンゴー「太陽のタマゴ」、完熟きんかん「たまたま」などのブランド品目を生産しており、生産額ベースの食料自給率では、常に全国1位を堅持する食料供給県となっています。そこで県では、宮崎銀行が2013年10月に設立した「みやぎん6次産業化支援ファンド」を通じて、官民連携となって、6次産業化に取り組む生産者や事業者を支援し、海外輸出など積極的に推進してきました。
 一方で、農水産物をはじめとする生鮮品を国内外へスピーディーに輸送する物流体制の構築や、県内事業者の海外における販路の開拓などが喫緊の課題となっていました。
 ヤマト運輸とANA Cargoは、2014年5月にパートナーシップを強化し、沖縄国際物流ハブを基点としたビジネスモデルの拡充をはじめ、日本全国の農水産品のアジアへの販路拡大や、越境eコマース※による「産直・お取り寄せモデル」を具現化するなど、新たな市場の開拓に取り組んでいます。
 このたび、宮崎県・宮崎銀行・ヤマト運輸・ANA Cargoは、連携協定を締結し、それぞれが有する資源を有効活用して、県内の生産者や事業者に対し、国内はもちろん、海外展開に有益な新しい販売ルートを提供するなど、付加価値の高いビジネスを展開できるように連携してまいります。
 ※ 越境eコマース・・・海外の消費者向けに主にネット通販で商品を販売

2. 「県産品の販路拡大に向けた連携協定」での主な役割
 ■宮崎県
 海外事務所等によるマーケット情報の収集や、国内外での県産品のPR、販路拡大に積極的な生産者や事業者と海外バイヤーをマッチングさせる商談会の開催など県産品の輸出促進を行います。8月には、香港で開催される「香港 FOOD EXPO」に宮崎県ブースを出展し、県産品のPRを行います。

 ■宮崎銀行
 「みやぎん6次産業化支援ファンド」により、生産者や事業者への投資支援を行うことで、事業拡大に貢献し、県産品の輸出促進と地域経済の活性化を図っていきます。

 ■ヤマト運輸・ ANA Cargo
 アジアへ最短翌日に輸送する国際間の小口保冷輸送サービス「国際クール宅急便」などの輸送サービスを通して、高品質な県産品の輸出拡大を支援すると共に、県内事業者が海外とのビジネスを積極的かつ安心して展開できるよう、輸出支援セミナーの開催や輸出時に必要な書類の作成など輸出手続きの支援を行います。
 また、国内においても、新たな航空輸送・陸上輸送スキームを構築し、これまで翌々日お届けとなっていた首都圏へ翌日にお届けできるよう輸送リードタイムの短縮を目指してまいります。

3. 県産品の販路拡大に向けた「連携協定」調印式について
 本日、平成27年7月29日(水)午前11時10分から、宮崎空港において以下の出席者による調印式を行いました。

宮崎県
 宮崎県知事 河野 俊嗣 (こうの しゅんじ)
 
株式会社宮崎銀行
 代表取締役 平野 亘也 (ひらの のぶや)
 
ヤマト運輸株式会社
 代表取締役社長 長尾 裕 (ながお ゆたか)
 執行役員 九州支社長 飯田 利明 (いいだ としあき)
 執行役員 グローバル事業推進部長 梅津 克彦 (うめつ かつひこ)
 
株式会社ANA Cargo
 代表取締役社長 岡田 晃 (おかだ あきら)
 取締役ソリューション事業部長 長尾 猛彦 (ながお たけひこ)




(印刷をされる方はこちらをご利用ください)

宮崎県・宮崎銀行・ヤマト運輸・ANA Cargoが県産品の販路拡大に向けた「連携協定」を締結

Includes ADOBE READER ダウンロード
PDF形式ファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。