2016年4月8日
福岡女学院大学
ANAビジネスソリューション株式会社

福岡女学院大学とANAビジネスソリューションは
教育連携協定を締結します

~エアライン業界を志望する学生の就職活動支援を強化してまいります~


 福岡女学院大学※(所在地:福岡県福岡市南区、学長:髙島 一路)と、ANAホ-ルディングス傘下で
ANAエアラインスクール※を運営するANAビジネスソリューション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:矢澤 潤子)は、2016年4月、教育連携協定を締結いたします。
 この協定に基づき、福岡女学院大学では、2016年8月に「ANAエアラインスクール学内講座」を開講します。この講座は、ANAエアラインスクールのベーシックコースを4日間に凝縮した集中講義とANA福岡空港※での実務体験をセットにしたプログラムで、キャビンアテンダントやグランドスタッフ等のエアライン業界で活躍する人財の育成を目的としています。

 福岡女学院大学には、学部を問わずエアライン業界を志望する学生が多いことから、教育連携協定を締結し学内で講座を開講することで合意しました。福岡女学院大学の学内で既に実施している「エアライン研修」と「ANAエアラインスクール学内講座」を連携することで、エアライン業界を志望する学生の就職活動サポート機能を更に強化してまいります。

問い合わせ先: 福岡女学院大学  下川  TEL 092-575-2970
ANAグル-プ広報部 TEL 03-6735-1111

※参考

【学校法人 福岡女学院】
1885(明治18)年に創立。それまで顧みられなかった女子教育を開拓し、キリスト教を基盤とする人格陶冶を重んじ、変動する社会にも常に貢献できるよう新しい教育分野を拓き続けている。幼稚園、中学校、高等学校、短期大学部、大学・大学院及び看護大学からなり、個性豊かで国際的感覚をもつ有能な卒業生を日本各地及び国外に輩出し、社会に貢献している。

【福岡女学院大学】
人文学部、人間関係学部、国際キャリア学部、短期大学部からなる、学生総数2,300人以上の私立女子大学。都心部から公共交通期間を利用し約30分という立地にありながら緑豊かで、落ち着いて学ぶ環境が整っている。学外活動の場も多く設け、具体的な経験と学内での学びの往還を通して、より実践的で豊かな教育を行っている。卒業生の活躍もあり、各分野で社会からの厚い信頼を得て、高い就職率を保つ。2015年4月からはキャリア教育の充実・強化を推進するためキャリア開発教育センターを設置し、社会人基礎力を備えた人材育成にも力を入れ、学生一人ひとりの可能性を最大限に引き出せる教育を実践している。

【ANAエアラインスクール】
2013年10月開設。大学、短大などに通いながら受講していただけるダブルスクール形式で、東京校でのキャビンアテンダントコース開講を皮切りに、2014年6月には大阪校を開設。また、キャビンアテンダントコースの内容を4日~5日間の短期集中コースとして設定し、札幌、名古屋、福岡地区で展開している。2016年2月には、大阪校においてグランドスタッフコースをはじめて開講。全国の大学、短大、専門学校と教育連携協定の締結を進めている。ANAグループで人材派遣や教育研修事業を担うANAビジネスソリューション株式会社が運営している。

【ANA福岡空港株式会社】
福岡空港における「ANAグループの空港運営会社」として、ANA便および受託航空会社便に関わる旅客サービス業務やグランドサービス業務など、空港経営機能としての役割を担っている。

印刷をされる方はこちらをご利用ください

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®