第16‐022号
2016年5月25日

お客様との新たなコミュニケ-ション支援ツ-ル
『ANA コミュニケ-ション支援ボ-ド』の導入

~タブレット端末を活用し、更なるお客様満足度の向上を目指します~

~最大17言語に対応し、グロ-バルカスタマ-とのコミュニケ-ションも円滑化~

~耳や言葉の不自由なお客様にも、より柔軟な対応が可能になります~


 ANAは2016年6月1日(水)、グロ-バルカスタマ-や配慮を要するお客様に対するコミュニケ-ションの支援ツ-ルとして、タブレット端末を活用した『ANA コミュニケ-ション支援ボード』を導入します。
 2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催や旺盛な訪日需要を背景に、ANAは新規就航地を増やし国際線ネットワークの拡充を通じて、お客様の利便性向上と国際競争力の強化に努めています。一方、国際線ネットワークを拡充する中で、空港や機内では様々な言語をご使用になるグローバルカスタマーとのコミュニケ-ションの頻度も増えています。
 また、これまでは、耳や言葉の不自由なお客様との円滑なコミュニケーションを支援するツールとして、紙のコミュニケーション支援ボード(注)を使用してきましたが、活用できるシーンが限定的であった為、より多様化するお客様ニーズに対応でき、お客様との円滑なコミュニケーションを支援するツールの必要性が高まっていました。
 今回の『ANA コミュニケ-ション支援ボード』の導入により、空港や機内においてグローバルカスタマーおよび配慮を要するお客様との円滑なコミュニケーションが可能となり、イレギュラーが発生した場合でもこれまで以上に適切な情報提供を行うなど、さらなるサービスの向上を目指します。

(注)紙の支援ボードの他に、今年4月21日より羽田空港国内線第2旅客ターミナルのSpecial Assistance カウンターに遠隔手話通訳サービスを導入しています。

『ANA コミュニケ-ション支援ボ-ド』の特徴点

  • ■全客室乗務員およびグランドスタッフが使用
  • ■17言語に対応
    日・英・中文簡体字・香港繁体字・台湾繁体字・韓・独・仏・スペイン・タイ・インドネシア・ベトナム・ヒンズー・タガログ・マレー・カンボジア・ミャンマー
    ※2016年6月に4言語(日・英・中文簡体字・韓)でスタ-トし、2016年9月に13言語を追加予定。
  • ■すべての表示に音声発話機能を付与
  • ■お客様が内容を容易に理解できるピクトグラムの活用
  • ■空港と機内における多くのシーンに対応

 ANAグループでは、今後もお客様に安心して空の旅を楽しんでいただけるよう、適切な情報提供と、更なるサービス品質の向上に努めてまいります。

以上

別添:

印刷をされる方はこちらをご利用ください

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®