スターアライアンス、
成田国際空港 第1ターミナルにて新たなチェックイン コンセプトを展開

ヒースロー空港 第2ターミナルの経験をもとに自動化を推進し
チェックインエリアに新レイアウトを実施


2016年7月4日 日本・東京: スターアライアンスは、成田国際空港 第1ターミナル南ウイングにて、新しいチェックイン コンセプトの実施を完了いたしました。これによりお客様は、旅程におけるチェックインプロセスの管理が容易になり、時間を節約でき、チェックイン時の選択肢の幅が広がります。この新コンセプトを実施するために、チェックインエリアのレイアウトが変更されました。お客様には、これまで成田国際空港で行っていた航空券のクラス別ではなく、エアライン別に割り当てられたチェックインデスクをご利用いただきます。レイアウトの変更は、搭乗券の発行と同時に荷物タグを印字できる、新しい自動チェックイン機の設置と連動して実施されます。スターアライアンスは、日本からの国際線旅客にセルフ印字とセルフタグ付けの選択肢を提供する、初めてのエアライン アライアンスとなりました。

「成田における取組みは、より快適な旅をお客様にお届けすることを目的に、運用の簡易化と標準化を推し進めるというグローバル戦略の一環であり、最初の調査によると、ほとんどのお客様がすでにこの新しいサービスを利用されていることがわかりました」と、スターアライアンスのマーク・シュワブCEOは述べました。

成田国際空港における新コンセプトの骨組みは、116台の新たな共用の自動チェックイン機によって成り立っています。お客様は、これらのチェックイン機により、第1ターミナルから就航する加盟航空会社17社(エア・カナダ、エアチャイナ、ニュージーランド航空、ANA、オーストリア航空、アシアナ航空、エチオピア航空、エバー航空、LOTポーランド航空、ルフトハンザ ドイツ航空、スカンジナビア航空、深セン航空、シンガポール航空、スイス・インターナショナル・エアラインズ、トルコ航空、タイ国際航空、ユナイテッド航空)のすべてのチェックインが可能になります。荷物を持ち込まれるお客様のみ直接ゲートに進んでいただき、荷物をお預けになるお客様は、自動チェックイン機から荷物のタグを受け取ったのちに、特別手荷物お預かりカウンターにお進みいただきます。

現在、3社の加盟航空会社で荷物タグの印字が可能であり、残りの14社においても7月中旬までに可能となる予定です。フルサービスのチェックインデスクは、ファーストクラス、ビジネスクラス、スターアライアンス ゴールド会員のお客様、さらには、追加のサポートを望まれるエコノミークラスのお客様のご要望にお応えしています。

成田国際空港では現在、18社*のスターアライアンス加盟航空会社が就航しており、24カ国61就航地に向けて毎週1300便のフライトを提供しています。

成田国際空港における変更は、さまざまな理由から実施されました。キャパシティに関しては、成田にて就航するスターアライアンス加盟航空会社の数と、旅客輸送量が共に増加しているため、チェックインスペースを追加せざるを得ない状況になりました。こうした背景から成田国際空港は、ロンドン ヒースロー空港 第2ターミナルのプロジェクトで培った経験に基づいて、新コンセプトを実施するには理想的な場所となりました。同ターミナルにてスターアライアンスは、新しいチェックインコンセプトの実施により、必要なチェックインスペースを20%削減することに成功しています。

成田国際空港に加えて、スターアライアンスは、サンパウロのグアルーリョス国際空港と、ロサンゼルスのトムブラッドリー国際ターミナルにおいて、全く新しいチェックインコンセプトを展開したロンドン ヒースロー空港 第2ターミナルのプロジェクトで培った経験に基づきチェックインコンセプトの変更を実施しました。同ターミナルでは、すべてのスターアライアンス加盟航空会社が同じ自動チェックイン機を使用し、共用の手荷物お預かりカウンターを活用し、また、エコノミークラスのチェックインデスクの共有も行っています。第2ターミナル プロジェクトの成功をベースに、スターアライアンスは、ロンドンにて実現したさまざまな技術的進歩を応用することにより、世界中の他の空港にてお客様の利用体験を強化していきます。さらに、今月チューリッヒで開かれた社長会(Chief Executive Board)では、各加盟航空会社のCEOが、空港外のセルフサービスチェックイン、空港でのファスト・バッグドロップ(迅速手荷物お預かり)技術、荷物のセルフタグ付け、渡航書類認証の自動化を含め、空港旅客サービスにおけるプロセスの標準化を推進することで合意しました。これらの標準化が実施されれば、スターアライアンスのお客様へのサービス提供が円滑になるだけでなく、スターアライアンスが現在サービスを実施する約1,300のすべての空港において、必要なインフラや運用コストの削減につながります。

写真は以下のリンクからダウンロードできます。
http://www.staralliance.com/en/stills

* 成田国際空港 第1ターミナルに就航する17社の加盟航空会社に加えて、エアインディアが成田国際空港 第2ターミナルに就航しています。

About Star Alliance:
The Star Alliance network was established in 1997 as the first truly global airline alliance to offer worldwide reach, recognition and seamless service to the international traveller. Its acceptance by the market has been recognized by numerous awards, including the Air Transport World Market Leadership Award and Best Airline Alliance by both Business Traveller Magazine and Skytrax. The member airlines are: Adria Airways, Aegean Airlines, Air Canada, Air China, Air India, Air New Zealand, ANA, Asiana Airlines, Austrian, Avianca, Avianca Brazil, Brussels Airlines, Copa Airlines, Croatia Airlines, EGYPTAIR, Ethiopian Airlines, EVA Air, LOT Polish Airlines, Lufthansa, Scandinavian Airlines, Shenzhen Airlines, Singapore Airlines, South African Airways, SWISS, TAP Portugal, Turkish Airlines, THAI and United. Overall, the Star Alliance network currently offers more than 18,500 daily flights to 1,330 airports in 192 countries.

Further information can be obtained via:

Star Alliance Press Office
Tel: +49 69 96375 183
Fax: +49 69 96375 683

Email: mediarelations@staralliance.com

www.staralliance.com

Twitter @staralliance https://twitter.com/staralliance

Facebook: www.facebook.com/staralliance

LinkedIn: https://www.linkedin.com/company/star-alliance

Youtube: https://www.youtube.com/user/staralliancenetwork

Instagram: https://instagram.com/staralliance/

印刷をされる方はこちらをご利用ください

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®