第16‐033号
2017年3月27日

平成28年度「なでしこ銘柄」に選定されました


 ANAホールディングス株式会社は、3月23日、女性活躍推進に優れた企業として、経済産業省ならびに東京証券取引所より、平成28年度の「なでしこ銘柄」に選定されました。なでしこ銘柄への選定は、平成25年度、平成27年度に続き、2年連続3度目となります。

 ANAでは、2014年2月に女性活躍推進の「ポジティブアクション宣言」をおこない、女性活躍推進を経営戦略として位置づけております。2015年4月には、女性だけでなく、組織や集団が持つ多様性を大切にし、人それぞれの違いを活かし、新しい価値を生み出すことができる組織を目指して、ANAグループCEO自らが「ダイバーシティ&インクルージョン(以下D&I)宣言」を発表しました。女性をはじめ、障がい者、シニア、外国籍社員、LGBTなど多様な人財が活躍できるよう、D&I推進のための専任組織を設け、働き方変革の推進とともに、多様な人財がそれぞれのステージで活躍できる風土醸成と環境整備に取り組んでまいりました。

 ANAグループは、今後も引き続きダイバーシティ&インクルージョンの推進を通じて、社員一人ひとりの能力が発揮され、いきいきと働き続けられる組織グループを目指して取り組んでまいります。

以上

<参考> 「なでしこ銘柄」について

「なでしこ銘柄」は、経済産業省が東京証券取引所と共同で、2012年度より女性活躍推進に優れた上場企業「なでしこ銘柄」を選定し、発表しています。なでしこ銘柄は、「女性活躍推進」に優れた上場企業を「中長期の企業価値向上」を重視する投資家にとって魅力ある銘柄として紹介することを通じて、企業への投資を促進し、各社の取組を加速化していくことを狙いとしています。平成28年度は、東京証券取引所の全上場企業約3500社から、女性活躍推進の取組について女性のキャリアアップと両立支援の2つの側面から評価が行われ、業種毎に47社が「なでしこ銘柄」として選定されています。

印刷をされる方はこちらをご利用ください

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®