第18-030号
2018年7月18日

体験型英語学習施設
「TOKYO GLOBAL GATEWAY」に協賛します


 ANAは、東京都教育委員会と株式会社TOKYO GLOBAL GATEWAY(所在地:東京都江東区、代表取締役社長/CEO:織田 信雄)が運営する体験型英語学習施設「TOKYO GLOBAL GATEWAY」に協賛します。

  「TOKYO GLOBAL GATEWAY」は、新しいタイプの体験型英語学習施設で、英語を活用する「アトラクション・エリア」と英語で学ぶ「アクティブイマージョン・エリア」で構成されています。「アトラクション・エリア」は4つのゾーンで構成され(エアポートゾーン、ホテルゾーン、トラベルゾーン、キャンパスゾーン)、それぞれのゾーンで児童・生徒が実際に海外で遭遇するシーンでのやりとりを英語で行います。また、「アクティブイマージョン・エリア」では、仲間との共同作業を通じて英語で専門知識を身に着けられるプログラムを実施します。2つのエリアでの体験を通じて、児童・生徒が英語を使用する楽しさや必要性を体感し、英語学習の意欲向上のきっかけ作りを行っています。

 ANAはアトラクション・エリア内のエアポートゾーンに参加し、国際線の機内でのシーンを演出しています。機内を模したアトラクションには、実際にANAの飛行機で使用されていた座席やドリンクカートを設置しています。児童・生徒はお客様役として、客室乗務員役のイングリッシュスピーカーと機内で想定されるやりとりを英語で実施します。TOKYO GLOBAL GATEWAYで機内を想定した会話を予め体感することで、実際の旅行を安心して楽しむことができます。

  ANAは、2020年やその後を見据え、日本の未来を担うこどもたちの教育・育成に貢献してまいります。

※TOKYO GLOBAL GATEWAYの詳細は https://tokyo-global-gateway.com/ をご参照ください。

以上

印刷をされる方はこちらをご利用ください

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®