第18-021号
2018年9月27日

「Dow Jones Sustainability World Index」の構成銘柄に2年連続で選定

~航空事業部門の“Industry Leader”も獲得~


 ANAホールディングス株式会社は、世界の代表的な社会的責任投資(SRI)(※1)の指標である「Dow Jones Sustainability World Index (DJSI World)」 の構成銘柄に2年連続で、また 「Dow Jones Sustainability Asia Pacific Index」(DJSI Asia Pacific)」 の構成銘柄に3年連続で選定されました。また、航空事業(Airline Industry)部門において最も評価が高い企業として、Industry Leaderに2年連続で選出されています。

 DJSIは、米国S&P Dow Jones Indices社とスイスのRobecoSAM社が提携して開発したSRIの代表的指標で、経済、環境、社会の3つの側面から企業活動を分析し、持続可能性(サステナビリティ)に優れた企業を選定するものです。
 2018年は、世界の主要企業約2,500社から317社(うち日本企業は34社)がWorld Indexに、アジア・太平洋地域の主要企業約600社から150社(うち日本企業は75社)がAsia Pacific Indexに選定されました。

 当社は、環境負荷低減の取り組み、安全と品質の追求、リスク管理、顧客満足向上に向けた努力、優秀な人材の採用・定着のための取り組み等に対し、高い評価を受けました。
 なお、今回選定されたDJSI World, DJSI Asia Pacificの他にも、同じく代表的な社会的責任投資指標である「FTSE4Good Index」「FTSE Blossom Japan Index」の構成銘柄にも採用されています。

 今後も、社会と共に持続的に成長することを目指し、安全を経営の基盤に、「世界のリーディングエアライングループ」として企業価値向上に取り組んでまいります。

  • ※1 社会的責任投資(Socially Responsible Investment)
    従来の財務分析による投資基準に加え、社会・環境・コーポレートガバナンスなど、企業の社会的責任や貢献を重視して行う投資手法。

【参考】 統合報告書2018 https://www.ana.co.jp/group/investors/irdata/annual/
     ANAグループのESGへの取組み https://www.ana.co.jp/group/csr/

以上

印刷をされる方はこちらをご利用ください

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®