第18-024号
2018年10月1日

JOCトップアスリート就職支援ナビゲーション「アスナビ」を通じた
入社および採用内定のお知らせ

~ANAグループとして今回の5名を含めて合計23名が入社・採用内定~


 ANAホールディングス傘下の全日本空輸株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 平子 裕志、以下ANA)と、全日空商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 西村健、以下全日空商事)は、公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)が行っているトップアスリートの就職支援ナビゲーション「アスナビ」※を活用して、新たに1名が入社し、4名の採用を内定しました。

【ANA】

【全日空商事】

 各選手のプロフィールやコメントにつきましては、別紙をご参照ください。

 ANAグループは、世界に挑戦する日本のアスリートを支援することを目指す「アスナビ」に賛同し、2014年から5年連続でアスリートの採用を行い、競技活動をサポートしてきました。今回の5選手を含め23名の社員アスリートがANAグループの一員となっています。
 今後は23名の選手をグループ一丸となり支援することで、トップアスリートが安心して競技を続けられる環境を提供するとともに、社員の一層の連帯感の醸成を目指します。

以上

※「アスナビとは」
JOCが2010年より実施。企業・アスリートの相互理解を図り、両者にとって有益なマッチング(トップアスリートの支援・雇用)を実現させる活動。世界を目指すトップアスリートの生活環境を安定させることで、競技を安心して続けられる環境をつくり、雇用側と双方にとってWin-Winの関係を目指す。なお、2014年8月、日本パラリンピック委員会(JPC)と協定を締結し、パラリンピックを目指すトップアスリートの就職支援も実施している。

印刷をされる方はこちらをご利用ください

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®