第18-061号
2018年10月17日

英国旅行業協会の「トラベルコンベンション」を初めて東京に誘致

~英国旅行市場において訪日旅行の魅力を発信します~


 全日本空輸株式会社(代表取締役社長:平子 裕志、以下「ANA」)は株式会社プリンスホテル(代表取締役社長 社長執行役員:小 山 正 彦、以下「プリンスホテル」)、独立行政法人 国際観光振興機構(理事長:清野 智、以下「JNTO」)、一般社団法人 日本旅行業協会(会長:田川 博己、以下「JATA」)と連携し、英国旅行業協会(以下、ABTA)が主催する英国旅行業界の「トラベルコンベンション2019」の東京誘致に成功いたしました。

 同会議は、2019年10月7日(月)~9日(水)に東京(於 グランドプリンス新高輪)で開催され、ABTAのCEOであるMark Tanzer氏など同協会に加盟する旅行会社、英国メディア、ゲストスピーカー等、総勢500名が参加する予定となっております。

 ANAはプリンスホテル、JNTOおよびJATAとともに、「ABTAトラベルコンベンション」の誘致活動を展開し、ABTAに対して日本・東京開催の効果等をプレゼンテーションしたほか、東京視察プログラムを提供し、東京ならびに訪日旅行の魅力を発信することで、今回の開催が決定いたしました。

 英国旅行市場における渡航先としての日本は今後成長の可能性が大きく、今回の会議にて英国旅行業界の幹部等に、日本の歴史、伝統文化、食、自然などを体験していただき、英国旅行市場における新たな訪日需要の掘り起こしが期待されます*1

 また、日本政府と英国政府は、2019年ラグビー・ワールドカップと2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を橋渡しする形で、「日英文化季間2019-20」を設定し文化・芸術分野の交流促進を目指しておりますが、本「トラベルコンベンション」の東京開催を通じた日英間の観光交流の拡大は、両国間の様々な交流促進に寄与するものと考えております。

  • *1JNTOデータでは、英国からの2017年訪日旅行者数は約31万人で、欧州諸国では第1位となっています。

以上

■英国旅行業協会(ABTA)について
 英国最大の旅行協会で、ロンドンに拠点を持ち、約1,200社の旅行会社、ツアーオペレーター等が加盟。「トラベルコンベンション」はABTAが主催する年間最大イベントであり、旅行業界における最新トレンドに加え、政治、経済、IT、消費者動向等、今後のビジネス展開におけるきっかけを提供するような情報が、著名なスピーカーによるプレゼン、またはワークショップ形式で提供されるため、業界のキーパーソンが参加し、英国以外の主に欧州圏内地で毎年開催されている。

【ABTA2019トラベルコンベンション誘致メンバー】

印刷をされる方はこちらをご利用ください

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®