第18-068号
2018年11月1日

京都大学と産学共同講座「情報学ビジネス実践講座」を設立します!

~デジタル化時代にビジネスで求められる人材育成をサポート~


 全日本空輸株式会社(代表取締役社長:平子 裕志)およびANAシステムズ株式会社(代表取締役社長:新郷 雅史)は、 国立大学法人京都大学(総長:山極 壽一、以下 「京都大学」)と5社*1の協力企業とともに産学共同講座を本日より設立いたします。本産学共同講座は、事業とITの両面ならびにこれらを適切に結び付ける企業経営について実務的に学ぶ機会を提供し、デジタル化時代に産業界全般から求められているITとビジネス双方に知見ある人材の育成を行うことを目的としています。

【協力企業の役割】
①カリキュラム開発支援
②実務に関する情報提供
③講義支援講師派遣

  • 【スケジュール】
  • ・2018年12月-2019年1月  
    社会人向け試行プログラムの実施
  • ・2019年 2月27日     
    本共同講座に関するシンポジウム開催
  • ・2019年 4月以降     
    教育プログラムの提供開始

 本共同講座に協力企業として参画することにより、大学に求めるIT教育について主体的に関わることが可能となり、産業界全体として、実践的なIT教育を受けた人材の育成に繋がることに貢献できることを期待しています。

以上

<ANAシステムズについて>
ANAシステムズはANAホールディングスの100%子会社で、従業員数は850名。情報システム開発や運用、最新のビジネスモデルの提案を通じ、ANA(全日本空輸)をはじめとするANAグループのビジネスを支えています。
URL: http://www.anasystems.co.jp/company/

印刷をされる方はこちらをご利用ください

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®