第18-096号
2019年1月21日

国際線貨物「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」の改定を申請


 ANAグループは、本日2019年1月21日(月)、国際線貨物における「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」の改定を国土交通省に申請し、認可をいただきました。
 当社グループでは、燃油特別付加運賃を申請時点における直近1カ月の燃油市況価格平均に基づいて見直すこととしております。今般、2018年12月1日から2018年12月31日における同価格の1カ月平均が1バレルあたり71.70米ドルとなったため、改定することといたしました。

燃油特別付加運賃額改定の概要

  • 1.適用期間: 2019年2月1日(金) 発行分より
  • 2.運賃額 : 次の運賃を日本発の国際線区間に適用(1キログラム当たり)
  • 3.改定(廃止)条件:
    • (1)燃油市況への連動性を高める観点から、改定期間を1カ月といたします。なお、関係国政府の認可状況に応じた変更申請につきましては、この限りではありません。
    • (2)本運賃の改定には、利用者の皆様への分かりやすさの観点からシンガポールケロシン市況価格を指標として用います。2019年3月1日(金)以降の燃油特別付加運賃額につきましては、適用開始月2カ月前の1カ月間のシンガポールケロシンの平均価格を指標とし、1バレルあたりの平均価格に応じて別紙に従って改定し、運賃額の改定があった場合のみ、ANA NEWSにてお知らせさせていただきます。

以上

印刷をされる方はこちらをご利用ください

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®