2019年8月28日
東日本旅客鉄道株式会社
全日本空輸株式会社

JR東日本とANAは連携してMaaSに取り組みます


  • 〇東日本旅客鉄道株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:深澤 祐二、以下「JR東日本」)と全日本空輸株式会社(東京都港区、代表取締役社長:平子 裕志、以下「ANA」)は、昨今国内外で活発に行われている「MaaS(Mobility as a Service)」の展開、構築において連携していくことで合意いたしました。
  • 〇両社は、2018年11月より観光流動拡大に向けた連携を開始し、地方への誘客推進の共同キャンペーンや訪日観光需要に対応したサービス展開、情報発信の強化などに取り組んでおります。このたび、お客さまにより利便性の高い移動体験をご提供することを目的として、MaaS分野でも連携強化を図ることといたしました。
  • ○今回の合意により、モバイル端末などのデジタルテクノロジーも活用しながら、検索・予約・決済などのさまざまな面で連携し、お客さまに「陸と空」が連携したサービスを検討してまいります。

【連携内容について】

 旅行の計画段階から終了まで、さまざまな場面でのお客さまの利便性向上を目指して、陸と空の境界を越えて両社が連携して取り組んでまいります。
 例えば、「鉄道と航空関係の情報がシームレスに受け取れる」「より簡単に鉄道のきっぷや航空券を購入できる」など、お客さまのニーズに応じたシームレスな移動サービスの実現に向け、多様な交通機関の皆さまとも連携しながら検討を進めてまいります。具体的なサービスは、決まり次第随時お知らせしてまいります。

【イメージ】

以上

参考 MaaS提供に関する両社の取組み

【JR東日本】
 グループ経営ビジョン「変革2027」において、移動のための検索・手配・決済をお客さまにオールインワンで提供する「モビリティ・リンケージ・プラットフォーム」を構築し、「シームレスな移動」「総移動時間の短縮」「ストレスフリーな移動」を実現することを目指しています。
 これにより、お客さまが24時間、あらゆる生活シーンで最適な手段を組み合わせてサービスを利用できる環境を実現します。

【ANA】
 2019年7月1日に「MaaS推進部」を新設し、「飛行機をご利用される全てのお客様へ、幅広い交通機関と連携したシームレス&ユニバーサルな移動体験のご提供を行い、不安なく、楽しく移動できる社会の実現」に貢献することを目的に、MaaSに関するサービスの企画、開発、推進に取り組んでいます。

 またANAでは、何らかの理由で移動を躊躇している人々が自らの力をあきらめずに不安なく移動できる社会の実現に向け、新たなコンセプト「Universal MaaS ~移動をあきらめない世界へ~」を定め、このコンセプトの実現に向けて、産学官で連携した実証実験に取り組んでいます。

【報道機関お問合せ先】
東日本旅客鉄道株式会社 広報部 報道グループ
TEL 03-5334-1300
全日本空輸株式会社 広報部
TEL 03-6735-1111

印刷をされる方はこちらをご利用ください

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®

  • ■報道機関等からのお問い合わせ先:
    ANAホールディングス(株)
    広報・コーポレートブランド推進部:
    03-6735-1111
  • ■その他の各種お問い合わせ先はこちらからご覧ください。