グローバルスタッフ職(事務)

ANAが提供する全てを、
もっと横断的に提供したい
典型的なエアラインの業務は
異なるが、そこにつながる
仕掛けを作っているときが楽しい

吉田 剛

マーケティング室
レベニューマネージメント部 企画チーム

2002年入社

Interview 1

新しいマーケティング手法
はないかと考え
ANAのマーケティングと
セールス戦略を進めていく

就職活動の時は、航空会社にこだわっていたわけではなく、様々な業種の総合職やマーケティング職で探していました。ANAへは総合職志望で入社し、1年目から北海道(札幌の営業支店)に配属されて5年間勤務しました。そこでは、北海道エリアの国内線の航空券の売り上げをどう作っていくかの戦略を立てていました。流通チャネルをどうするか、価格をどうするかなどを考える仕事です。例えば、Webで販売するもの、旅行代理店を通じて販売するものに分け、いくらで販売していくか、収入設計はどうするかなどを決めます。ANAについて幅広く勉強できた経験でした。

その後は、東京で営業システム部に配属され、ビジネスサイドのシステム要件をとりまとめる役割をしていました。営業システム部では4年間ほど勤務し、ANAオリジナルのシステム構造がどうなっているのかということを一通り学ぶことができました。その後、マーケティング企画部へ異動となり、ANAのマーケティングとセールス戦略に携わりました。

現在所属しているレベニューマネジメント部は、飛行機の座席や収入管理を行う部署で、120名ほどが働いています。国内線と国際線で各路線の担当者がおり、多様なニーズを持ったお客様に、適切な時期、価格、座席数を販売できる環境を整えています。このように、便・路線あたりの収入を最大化することは航空会社の生命線ですので非常に重要な仕事です。一方、私がいる企画チームは、マーケティング室各部と連携しながら、中期マーケティング戦略の立案を行ないます。マーケットの環境が変わる中、今のやり方を続けていいのか、新しいマーケティング手法はないか、Webサイトや旅行会社との付き合い方を含めた流通政策をどう構築いくかなどを考える仕事で、13人ほどが所属しています。

Interview 2

典型的なエアラインの仕事
とは異なるが
いろんな仕掛けを
作っているときは楽しい

1便あたりの収入をいかに最大化するか。レベニューマネジメントという手法は、世界中の航空会社が導入しており、その精度を上げ、進化させていくことは極めて重要で終わりのない仕事だと思っています。しかし、これだけIT技術が進化し、スマートフォンに代表されるようにデジタルデバイスが登場すると、航空券だけを売るのではなく、プロダクトやサービス、コミュニケーションを通じてどのような価値をお客様に提供できるのかということを考えていかなければなりません。

顧客体験価値ということも言われていますが、お客様が航空券をお買い求めになるということは、その先に何か目的があります。昨年、Airbnbと提携をしました。Airbnbは従来の宿泊施設とは異なり、ホストとゲストの交流が織りなす価値や体験が支持され、グローバルに急速に発展しています。彼らと組もうと考えた理由のひとつは、ANAが提供する航空輸送サービスと旅行先での新たな体験を組み合わせることで新しい価値を体験してもらえないかと考えたからです。モノからコト消費とも言われますが、ANAの場合、元々、航空券というモノだけでなく、機内での時間やサービスも提供してきています。実は昔からコトも提供しているんですね。ただ、これまでは、機内は機内、空港は空港、という縦割りで価値を提供してきていました。今はデジタルやスマホなど、新しい考え方が出てきており、我々が提供してきたものをもっと横断的に提供したい、と思いながら仕掛けをつくっています。戦略を考える時に意識する相手は航空会社ではありません。デジタルでいろんな価値を提供しているグローバルなプラットフォーマーですね。典型的なエアラインの仕事とは異なりますが、いろんな仕掛けを作っているときは楽しいですね。

Interview 3

自分の個性を出して
置かれた場所で活躍するかが大切

グローバルスタッフ職はジョブローテーションが強みです。ANAは、様々な部署を経験する人が多い中、私のように、ひとつの部門で仕事をする期間が長いのは珍しいと思います。私は、空港やオペレーションの経験がありません。その点では、他の部門との調整に苦労することもありますね。1つの領域で楽しみながら仕事できていることは良かったと思っていますが、幅広く様々な領域の仕事を経験するのも強い武器になるとも思っています。希望の部署へ異動できるかどうかは、最終判断は人事に委ねられるので、希望が通らないこともあるかもしれません。しかし、自分がこうしたいということをきちんと伝え、その上で現在所属している部署できちんと仕事をしていれば、周りもちゃんと評価してくれます。いかに自分の個性を出してそこで活躍するかというのは大事なことではないかと思いますね。

Interview 4

「いかに社内で実現させるか」
そんな思いを持った後輩と
一緒に働きたい

仕事をする中で大事にしてきたことは、「いかに実現するか」です。仕事では、コンサルティング会社から課題を抽出してもらいアドバイスをもらうこともあります。でもそれを持ち帰って実際に実行するのは、ANAの社員の役割です。私たちが他部署や上司・社員を巻き込んで動かして、それを実現する必要があります。実際に実行することが難しく、社員の協力を得るために苦労することもありますが、「いかに社内で実現させるか」という思いを持ってやる。それは大事にしています。そして、そんな思いを持った後輩と一緒に働きたいと思っています。

CAREER

2002
4月 札幌支店 営業部
2004
4月 札幌支店 販売計画部
2007
4月 営業推進本部 営業システム部
2011
10月 営業推進本部 グローバルレベニューマネジメント部
2012
4月 マーケティング室 マーケティング計画部
2013
4月 ANAセールス(株) 出向
2014
4月 マーケティング室 マーケットコミュニケーション部
2017
4月 マーケティング室 レベニューマネジメント部

INTERVIEW

グローバルスタッフ職(事務)

PROJECT STORY

社員インタビュートップへ