グローバルスタッフ職(事務)

現場から仕組みづくりまで
様々な部署の経験があるからこそ
異業種競争の時代に
生き残る仕組みづくりを
可能にする

本多 聖人

2009年入社

マーケティング室 レベニューマネジメント部 企画チーム

Interview 1

現場の重要性を知るからこそ
地に足ついた仕事ができる

学生時代は、可能性を狭めずに興味のありそうな業種を幅広く見ていました。その中でも漠然と国際線の旅客営業に関わる仕事をしたいと思っていました。就職活動を始めた当初は、ANAは憧れの企業のイメージで、「受かったらラッキー」程度にしか最初は思っていませんでした。選考が進むにつれ、面接官が話しやすかったり、先輩社員自身の経験を踏まえてフィードバックをいただいたりするうちに、働くイメージができ、一緒に働きたいと感じるようになっていきました。就職活動の中で良い印象がどんどん高まって志望度が上がっていったと記憶しています。

入社前はANAはスマートなイメージがありましたが、入社1年目では、成田空港の地上係員として旅客ハンドリングを経験し、また、エアラインシステム開発の現場も経験し、実際は泥臭い仕事も多いと感じました。地道な日々の業務を積み上げるというイメージが強いと感じます。現場経験を大事に本部や他部署で活躍されている方は多いです。私も現場を複数経験できて良かったなと思っています。

Interview 2

様々なプレイヤーが出てくる中で
将来勝ち残れる仕組みを作る

今の部署では、4〜5年後先を見据えて、航空券の販売方法の改革を考えています。ANAでは国内線と国際線の担当がはっきりわかれていることが多いのですが、航空券の販売流通という目線で私は国内線、国際線を半分ずつ担当しています。両方に携りながら、将来を見据えた流通モデルをどう作っていけばいいかというところを議論しながら前に進めていきたいと思っています。

これまでステークホルダーというと旅行代理店やGDS(Global Distribution System)など旅行業界、航空業界のプレイヤーが挙げられていました。今後は、技術革新に伴い、航空券も今以上にいろいろな所で買えるようになっていくはずです。航空券の流通という意味ではチャンスは広がりますが、既存のステークホルダーに加え、新たなステークホルダーとの関わりが重要になってくると思います。例えば、webマーケットプレイスの場合、他社比較検討できる中でいかにANAを指名で買っていただくかを追求したいと考えています。

Interview 3

ジョブローテーションが
あったからこそ
他部署の人の気持ちを知って
話ができる

入社2年目からはシステム開発から、それに関わる予算管理まで幅広く担当し、入社4年目にはANA システムズというグループ会社に3年間出向しました。ANAシステムズでは、主に航空券販売のウェブサイトの開発を担当していました。そこで携わった案件は、担当させていただいたプロジェクトの中で最も大きいものでした。約30年ほど使用していた、国際線のシステムをアウトソースして大きく仕組みを変えるというプロジェクトでした。

このプロジェクトは、規模が大きかったので関係部署が多く、各部署の調整を丁寧に実施することを心がけていました。期間・費用・品質を担保しながら進めなければならないのはどの仕事も共通しているとは思いますが、大きなプレッシャーがある中で、各部署の調整や合意形成や膨大な決定事項にうまく優先順位をつけながら進めていかなければいけませんでした。また、海外の取引先とは英語での交渉、調整でした。色々な面で体力的にも精神的にも厳しい時はありましたが上司や後輩、同期と上手くコミュニケーションを取りながら、粘り強く諦めないという点を大事にしていました。

振り返ると、この大きなプロジェクトに携わるまでに、空港・システム開発の現場から企画工程まで一連の流れを経験したことで、仕事の全体像が分かるようになっていったと思います。部署や工程を超えた調整は難しいことがありますが、相手の立場に立って考えると見えてくる意見があったりします。システムと営業マーケティングを軸にしながらいろんな観点で業務してきたことが自分の中では強みだと思います。

Interview 4

慎重な積極性こそANA
就活でも慎重に積極的に

ANAは全体的に慎重さと積極性のバランスが丁度いい会社だと思っています。新しいことに積極的に挑戦する一方で堅実に判断していく部分も持ち合わせていると思っています。

就職活動は人生に1回ではないかもしれませんが、大きな決断のタイミングだと思います。様々な角度からANAを見て頂いて、可能な限り色んな方の意見を聞いていただき、是非ご自身の経験やなりたい姿を自由に伝えて欲しいと思います。自信を持って挑戦してください。その中でANAにご縁があればありがたいです。

CAREER

2008
4月 成田空港支店 旅客部
2009
4月 IT推進室
2011
4月 全日空システム企画(株) 出向
2013
4月 ANAシステムズ(株) 出向
2014
4月 マーケティング室 マーケティング計画部
2017
10月 マーケティング室 レベニューマネジメント部

INTERVIEW

グローバルスタッフ職(事務)

PROJECT STORY

社員インタビュートップへ