MENU CLOSE

Hello my Hawaii

ワイキキビーチのお散歩プランで
ぶらぶら歩きが楽しいハワイを満喫

  • 2016.10.14
  • Text by Sachiko Nagata / Photos by Taku Miyazawa
ぶらぶら歩きが楽しい、ワイキキお散歩プラン

滞在のメインとなるワイキキは、ビーチに沿って東西約3kmにわたって延びるリゾートタウン。端から端まで歩いて移動できる距離です。
ハワイ到着日はカラカウア通りやメインストリートとともに、ビーチ沿いの散歩道や、少しだけロコの暮らしぶりをのぞくこともできるエリアをぶらぶら散策するのがおすすめ。そこでまず、ワイキキの全容がわかるおすすめの散歩コースと、立ち寄りスポットをご紹介します。世界中のツーリストが憧れるビーチリゾート、ハワイ。限られた滞在日数だからこそ、できるだけ時間を有効に使っていろいろな場所に出かけてみたいと思いませんか。

ワイキキ・ビーチ東コース

ワイキキ・ビーチを背にして立つハワイの英雄、デューク・カハナモクの像
ワイキキ・ビーチを背にして立つハワイの英雄、デューク・カハナモクの像

おすすめの歩き方

足元まで波が押し寄せるカピオラニ公園海側の遊歩道
足元まで波が押し寄せるカピオラニ公園海側の遊歩道

ワイキキのメインストリートがカラカウア通り。ビーチに沿って立ち並ぶ高層ホテルが途切れて視界が広がるのが、デューク・カハナモク像から東側です。ここから先は、右側にビーチを、しばらく行くと左側にはカピオラニ公園の緑が広がるとても気持ちのいい散歩道。
途中、公園の木陰でひと休みしてもいいし、砂浜に下りて歩いてみるのもいいでしょう。ワイキキ水族館をフェンス越しに少しだけ眺めることもできます。遊歩道が途切れヨーロッパ風の建物「The War Memorial」が見えてくるとその先がカイマナ・ビーチ。デューク像から約1.5km、のんびり歩いて片道30分ほどのコースです。

立ち寄りスポット

カパフル突堤

夕暮れ近くになるとサンセットを眺める人が集まってきます
夕暮れ近くになるとサンセットを眺める人が集まってきます

カラカウア通りとカパフル通りが交わる場所に、海に向かって伸びる桟橋がカパフル突堤です。先端まで行くと、西側には美しい弧を描くワイキキ・ビーチとホテル群を、東側にはカピオラニ公園の前に広がる静かな砂浜を一望でき、足元の海中に群れる小さな熱帯魚を観察するのも楽しみです。美しいサンセットが望めることでも知られ、夕方近くの散策もおすすめです。

カピオラニ公園

ダイヤモンドヘッドの麓に広がる、ハワイでいちばん古い公園です
ダイヤモンドヘッドの麓に広がる、ハワイでいちばん古い公園です

約60万m2にわたって広がる公園には、野外劇場、テニスコートなどの施設があり、ハワイの祝日にはさまざまなイベントの会場として使われています。ホノルル・マラソンのゴール地点もここ。木陰で寝転んだり、音楽やフラ、ヨガなどを楽しむ人が多く訪れる、ホノルル市民のオアシスのような存在です。ワイキキ水族館、ホノルル動物園も公園の敷地内にあります。

ベアフット・ビーチカフェ

チリチーズ・オムレツ($11.50)の付け合わせは、トーストとライスから選べます
チリチーズ・オムレツ($11.50)の付け合わせは、トーストとライスから選べます

ビーチに沿って伸びる遊歩道沿いにあり、散歩やランニング途中に立ち寄るのに便利なロケーション。ローカルサーファーが水着のままやってくることが多く、彼らの胃袋に合わせて料理はどれもボリューム満点。卵料理、パンケーキなどの朝食メニューのほか、ランチタイム以降はサンドイッチ、BBQチキン、ホットドッグなどのアメリカン・メニュー、プレートランチも提供しています。

ビーチの帰りに、水着のまま立ち寄れる気軽なカフェです
ビーチの帰りに、水着のまま立ち寄れる気軽なカフェです

夜の雰囲気もなかなかよくて、週末はロコ・ミュージシャンのライブ、BBQパーティーで盛り上がります。金曜日の夜、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジから打ち上げられる花火を鑑賞できるスポットとしても人気があります。

ワイキキ・ビーチ西コース

ワイキキの西側のビーチからは、ダイヤモンドヘッドの全容を眺められます
ワイキキの西側のビーチからは、ダイヤモンドヘッドの全容を眺められます

おすすめの歩き方

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジのラグーンには、周囲を一周できる遊歩道が整備されています
ヒルトン・ハワイアン・ビレッジのラグーンには、周囲を一周できる遊歩道が整備されています

ワイキキの西側に広がるのが、米軍専用施設のフォート・デルッシー。公園内は自由に入ることができ、海側に伸びる遊歩道はそのままヒルトン・ハワイアン・ビレッジの敷地へとつながっています。
ヒルトンのラグーンを半周して隣のパーキングを抜ければ、サンセットのベストスポットとして知られるアラワイ・ヨットハーバー。夕方近くならビーチ散歩の後、ヨットハーバーを一望するバーやレストランに繰り出すのもおすすめの過ごし方です。

立ち寄りスポット

フォート・デルッシー・ビーチパーク&アメリカ陸軍博物館

公園内にある博物館。入場は無料ですが、できれば寄付を
公園内にある博物館。入場は無料ですが、できれば寄付を

米軍のレクリエーション地区として整備されている公園内には、ピクニックテーブルがあり、砂浜が広くて波も穏やか。混雑するワイキキ・ビーチに比べると、とてものんびりした雰囲気です。
公園の一角にあるアメリカ陸軍博物館では、第一次世界大戦からベトナム戦争に関す資料や写真を展示。エントランス前に置かれた戦車とヘリコプターからもその迫力が伝わってきます。

アラワイ・ヨットハーバー

大小のヨットが係留されている姿を眺めるだけでも楽しい場所
大小のヨットが係留されている姿を眺めるだけでも楽しい場所

ワイキキの山側を流れるアラワイ運河の河口にあたり、ここがワイキキの西端。対岸はアラモアナになります。大小約700艇のヨットやクルーザーが停泊し、ビーチとはひと味違ったリゾート気分を味わえる場所。夕暮れ時の景色が特に美しく、ハーバーに面したホテルのバーやレストランが人気です。

グーフィー・カフェ&ダイン

ビッグ・アイランド・ハニー・フレンチトースト($13.50)とグーフィーズ・エッグベネディクト($14)
ビッグ・アイランド・ハニー・フレンチトースト($13.50)とグーフィーズ・エッグベネディクト($14)

地元ハワイ産の食材にこだわり、シェフ自ら毎朝、市場やファーマーズマーケットに出かけ、野菜や果物を仕入れています。魚介、肉、卵もほとんどがハワイ産。自然素材の味を引き立てるソースやシロップも店内で手作りしているので、料理もおいしいのはもちろん、安心して食べられるレストランです。

店内のインテリアは、西海岸のビーチハウスをイメージ
店内のインテリアは、西海岸のビーチハウスをイメージ

パンケーキ、エッグベネディクト、オムレツなどはブレックファストメニューとなっていますが、一日中注文できるのもうれしいところ。遅めのランチ、ちょっと早めのディナーにも利用できます。

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジのアラモアナ通り沿い。こぢんまりした建物の2階です
ヒルトン・ハワイアン・ビレッジのアラモアナ通り沿い。こぢんまりした建物の2階です

アラワイ運河&ワイキキ・タウンコース

ビーチフロントとは雰囲気が異なる、水辺の景色を楽しめるアラワイ運河
ビーチフロントとは雰囲気が異なる、水辺の景色を楽しめるアラワイ運河

おすすめの歩き方

ロコの散歩コースとして親しまれている運河添いの遊歩道
ロコの散歩コースとして親しまれている運河添いの遊歩道

カパフル通りからアラワイ・ヨットハーバーまで、ワイキキの山側を流れる運河は、かつてワイキキが湿地帯だったころの名残り。当時周辺にはタロイモの水田や養魚池が広がっていて、その場所を埋め立てた造成地が現在、ホテルやショッピングセンターが立ち並ぶワイキキ・タウンなのです。運河に沿って続く歩道には、ランニングやサイクリング、犬の散歩の人も多く訪れ、ロコの生活の空気を感じることができます。
メインストリートのカラカウア通りから山側へ抜けるどの通りからでもアクセスできるので、散策しながら気になるセレクト・ショップやお土産物屋をチェックしたり、クヒオ通りにあるスーパーマーケットで滞在中に必要な雑貨やミネラルウォーターなどを調達するといいでしょう。

立ち寄りスポット

オリーブ&オリバー

カイルアの人気店がワイキキに出店して話題に
カイルアの人気店がワイキキに出店して話題に

女性用のアイテムを扱うオリーブと、メンズアイテム中心のオリバーは、どちらもカイルアで人気のセレクト・ショップ。その2軒がひとつになった店が、オリーブ&オリバーです。オーナー夫妻のセンスが光る洋服や、ロコ・アーティストの作品を中心に集めた雑貨類は、どれもおしゃれでお買い物心をくすぐるものばかり。ワイキキ店限定のTシャツ、パーカがお土産に人気です。

コーヒーバーで使われているカップも、ロコ・アーティストのデザイン
コーヒーバーで使われているカップも、ロコ・アーティストのデザイン

店の入り口には早朝から営業するコーヒーバーがあり、シアトルのクラフト・コーヒー、カフェ・ヴィータの豆を使ったコーヒー・メニューを味わえます。コレクションしたくなるほどおしゃれなカップは、ロコ・アーティストのデザイン。少量ずつ作っていて、次々に新しいデザインが登場するのだとか。どんなカップに出合えるのか楽しみですね。

フード・パントリー

早朝から深夜まで営業する、ワイキキ唯一の大型スーパー
早朝から深夜まで営業する、ワイキキ唯一の大型スーパー

生鮮食料品から日用雑貨、お酒、ビーチグッズなど滞在中に必要なものはもちろん、ハワイのお土産までそろうスーパーマーケットです。アメリカのスーパーというと肉も野菜も大容量のパックが多いイメージですが、来店者のほとんどがツーリストという場所柄、少量のものやすぐに食べられるサラダ、カットフルーツ、お弁当も並びます。

ツーリストの使い勝手を意識した品ぞろえ。お土産もひと通りそろいます
ツーリストの使い勝手を意識した品ぞろえ。お土産もひと通りそろいます

ワイキキ内のホテルから、深夜に歩いて出かけても安全なロケーションも魅力です。夕方はレジ待ちの行列ができるため、少し時間を外して利用するのがポイント。ドリンク類やスナック、ミネラルウォーター、お酒など少量の買い物で急ぎのときは、クヒオ通りに面した「Food Pantry Express」が短時間で買い物ができて便利。店内は冷房が効きすぎていることが多く、露出度の高い服装で訪れるとかなり寒く感じるので上着を持って出かけることをおすすめします。

ウッド&バケット

ハッピーアワーのメニューは、一皿$5~13とリーズナブルな価格
ハッピーアワーのメニューは、一皿$5~13とリーズナブルな価格

アラワイ運河に面して立つホテル、ワイキキ・サンド・ヴィラのレストランは、運河散歩の途中に立ち寄るのにぴったりのロケーション。早朝から深夜までオープンしていますが、なかでもおすすめは16~19時と、23時~1時まで1日2回のハッピーアワー。ビールが$3、ハウスワインは$4で楽しめ、小皿のフードメニューも充実しています。

ビーチの帰りに、水着のまま立ち寄れる気軽なカフホテルのロビー階にあり、宿泊していなくても気軽に利用できます
ホテルのロビー階にあり、宿泊していなくても気軽に利用できます
ソーラーパネルで温めたお湯を満たした足湯
ソーラーパネルで温めたお湯を満たした足湯

レストランの奥にあるのが、なんと足湯。レストランやバーでフードかドリンクを注文すれば無料で利用でき、タオルまで用意されているのはうれしいかぎり。注文したドリンクを持ち込むことができるので、歩き疲れた足をほぐしながらカクテルタイムを過ごしてみるのはいかがでしょうか?

空席・予約