山村機長のプラス・アルファ!@ロンドン
「ロンドンで話題の名所旧跡、新名所」

「霧の都」と言われるロンドン。天候に恵まれた時には街並みの美しさを堪能することができます。前回に引き続き、山村洋司機長がロンドンの街歩きをご紹介いたします。

皆さん、こんにちは!ロンドンまでのフライトを担当する山村です。

今日は素晴らしい天気!タワー・ブリッジ(Tower Bridge)も絵はがきのようなロケーションでカメラに収まってくれました。

地下鉄タワー・ヒル(Tower Hill)駅を出てロンドン塔を横目にタワー・ブリッジを渡って石の階段を下りるとそこは石畳がお洒落なシャド・テイムズ(Shad Thames)界隈です。ここはテムズ河沿いに眠っていた倉庫街を再開発した地区です。

最初の開発地区であるバトラーズ・ワーフ(Butler's Whart)は日本でも有名なデザイナー、コンラン卿がプロデュースを手がけました。夏にはテムズ河沿いにテーブルが並び、タワー・ブリッジを一望できるお洒落なスポットになります。

地下鉄ノーザン・ライン(Northern Line)のカムデン・タウン(Camden Town)駅を降りて、カムデン・ハイ・ストリート(Camden high St.)を歩くとカムデン・マーケット(Camden Market)があります。

カムデン・マーケットはロンドンの若者たちに人気のストリートマーケット。日曜日にはロンドンっ子たちと観光客で混み合います。アンティークのアクセサリーや古着、小さな雑貨から家具までと何でもあるのがロンドンのストリートマーケットです。

マーケットの賑わいとうって変わって、裏には静かな運河の風景に出会います。天気のよい日には運河沿いを散策するも良し、春から秋にかけてはカムデン・ロック(Camden Rock)からリトル・ベニス(Little Venice)までの運河添いのクルーズを楽しむのも良いですよ。

さて、次は「ハリー・ポッター」シリーズといえば、ホグワーツ特急の始発駅、キングス・クロス(Kings Cross)駅。9と3/4番線を探しに行きましょう。

ありました!9と3/4番線。ここは以前は9番線近くにあったそうですが、ロンドンオリンピックの際の改修工事のあと、西コンコースに移動となりました。「PLATFORM 9 3/4」と書かれた壁にカートが半分めり込んでいます。

すっかり気分がハリーになったところで、レドンホール・マーケット(Leadenhall Market)にも行きましょう。ここは、金融街の真ん中にある壮麗なアーケード商店街。ハリーとハグリットが訪ねる「ダイアゴン横町」のロケ地として使われました。

今回訪れた場所