湯浅機長のプラス・アルファ!@シドニー
「味も雰囲気も良し。地元で人気のレストランとカフェをご紹介(後編)」

シドニーは、オーストラリア最大の都市ですが、すぐそばにハーバーやビーチ、広い公園があるなど、リゾートの要素がコンパクトにまとまっていています。気候も爽やかで、誰にでも楽しめる旅行者にやさしい街といえます。前回に続き湯浅機長とともに、シドニーの食べ歩きをご紹介します。

こんにちは。機長の湯浅です。ステイ先では、時差ボケ解消と体調管理を兼ねて、必ず2時間くらい歩き回るようにしています。

シドニーの人たちは、とてもフレンドリーです。他の国と違い気軽に声をかけられることが多い気がします。今回もタクシーの運転手さんやレストランのウェイターさんと世間話をしてきました。

「マンリー(Manly)」の海沿いの遊歩道を散策中に雰囲気の良いレストランを見つけました。お店の名前は「ビーチソルト(Beach Salt)」、「お客様が毎週通いたくなるような美味しい料理を手頃な価格で提供すること」がミッションだそうです。ランチに立ち寄ってみることにしました。

シーフードがおススメとのことでしたので、本日の魚料理「GRILLED FISH OF THE DAY」を注文しました。白身魚のソテーに大盛りのサラダとポテトが添えられてボリューム満点です。シンプルな味付けで身のプリプリ感とともに魚のうま味があります。

潮風に吹かれながら気持ち良く食事をすることができます。シーフードの他にもステーキが人気だそうです。また近くにNOMADというビール醸造所があり、鮮度の良い地ビールをいただくことができます。

お店はオープンで入りやすいと思います。また店員さんはとてもフレンドリーで気持ちよく食事をすることができます。

Beach Salt
住所:Shop 4, 93-95 North Steyne Manly, Sydney, New South Wales
電話番号:(+612) 9976 3382
営業時間:月~木、日 7:00~21:30 金土7:00~22:00
URL:http://beachsalt.com.au

シドニーに戻り、翌朝の朝食にカフェを探していたところ、行列ができているお店を発見。私たちも列に並んで入ってみました。

「パブロ・アンド・ラスティーズ(Pablo & Rusty’s)」は、コーヒー豆の焙煎・卸売会社でシドニーに5店舗のカフェも運営しています。ここ「シドニーCBD店」は、そのうちのひとつです。コーヒー以外にも食事やスウィーツのメニューも豊富で、ひっきりなしにお客さんが訪れており人気店であることがうかがえます。

一番のおススメとのことで注文したのが、「ドラフト」というまるで黒ビールのようなコーヒーです。豊かな香りと味わいがあり、とても気に入りました。店舗では焙煎したばかりのコーヒー豆を購入することができますので、お土産によいと思います。

朝食から大きなハンバーガー?と思われるかもしれませんが、お肉や野菜のフレッシュな香りが食欲を誘い、また軽い食感でしたので、美味しくいただくことができました。

Pablo & Rusty’s
住所:161 Castlereagh St, Sydney, New South Wales
電話番号:(+612) 9283 9543
営業時間:月~金 6:30~17:00 土 8:00~15:00
URL:http://pabloandrustys.com.au/

今回訪れた場所