COVID-19検査

ドイツから日本へ

日本へ入国されるすべてのお客様は、出発前72時間以内(検体採取から搭乗予定便の出発時刻までの時間)に実施した新型コロナウイルス(COVID-19)検査の陰性証明を提出する必要があります。

  • ご予約の際、検査方法は、「(RT-)PCR」 または 「LAMP」を選択してください。
  • 日本政府の定める「検査方法」および「検体」には、厳しい規制がございますので、検査前に必ず検査機関とご確認の上、有効な方法をお選びください
    有効な検査方法:「(RT-)PCR法」または 「LAMP法」
    有効な検体:「Nasopharyngeal Swab」、「Nasal Swab」、「Saliva」または 「Nasopharyngeal and oropharyngeal Swabs」
  • 日本国籍以外のお客様は、到着時に、検査証明書のハードコピー(印刷したもの)を提出する必要があります。

日本からドイツへ

最新の情報は、下記リンクよりご確認ください。

提携検査機関

以下の提携検査機関はいずれもドイツ大使館のリストにも掲載されており、規定の適性検査を受けておりますが、検査内容、検査証明書が日本政府の定める規定に沿っているかどうかを、必ずご自身でご確認ください。

COVID-19検査機関のリンク先は外部サイト(ドイツ語)へ移動します。ウェブサイト利用規約・プライバシーポリシーについては、移動サイトの方針に従うものとします。掲載されている利用契約は、お客様と提携検査機関間で成立します。ご利用に関するトラブル。損害については、ANAでは一切責任を負いませんので、ご了承の上、ご利用ください。

MEDICARE(メディケア)

StaySafe GmbHは現在、ドイツ全土でMEDICAREという名前で160を超えるテストセンターを運営しています。 メディケアはフランクフルト空港をはじめ、ベルリンブランデンブルク空港、ケルンボン空港、および一部の大学に駐在しています。
メディケアは、迅速な検査に加えて、IDカードまたはパスポート番号を入力することでパーソナライズされたPCRおよびエクスプレスPCR検査も実施しており、日本への入国に有効なPCRテストを提供しています。
検査の種類によりわずか30分後にPCR結果を受け取ることも可能です。
テスト結果は、メールとQRコードで無料でご利用いただけます。
日本政府が推奨する検査証フォーム(検査証明フォーム|厚生労働省(mhlw.go.jp))への記入も可能です。必ずご自身にてお問合せ、ご確認ください。

[ご注意] これより先は外部サイトへリンクします。ブラウザ環境により、機能に制限が発生する場合があります。また個人情報保護の方針やご利用規約は、遷移先のサイトに従うものとします。

各クリニックのリンク先は外部(ドイツ語)サイトへ移動します。
ウェブサイト利用規約・プライバシーポリシーについては、移動先サイトの方針に従うものとします。
掲載されている検査の手配・利用契約は、お客様と検査機関との間で成立します。ご利用に関するトラブル・損害については、当社は一切責任を負いません。
上記内容をご確認のうえ、お進みください。