ANA✕オホーツク とくべつ、もんべつ。

流氷とオホーツクの恵みがくれた特別な
北海道

ANAの直行便、運航中!

2021年冬 ガリンコ号Ⅲ IMERU就航!

新造船 ガリンコ号Ⅲ IMERUが2021年1月9日~就航します。現在運航しているガリンコ号Ⅱとの2隻体制となります。IMERUとは 光 を意味するアイヌ語です。ガリンコ号Ⅱよりも速度が上がった他、3階建てとなっており、より多くのお客様にご乗船いただけます。運航時間は約1時間、船首にある2本のアルキメディアンスクリューが固い流氷を砕きながらオホーツク海を進みます。海上では、アザラシの他、天然記念物に指定されているオオワシやオジロワシなどの野生生物に出会えるかもしれません。今年の冬も紋別で感動の流氷体験はいかがでしょうか。

流氷イメージ

今回はガリンコ号が誕生するまでの歴史についてご紹介いたします。今では紋別観光の代名詞とも言えるガリンコ号ですが、もともとは、アラスカ油田開発のための作業基地と支援基地を結ぶ、人員・資材の輸送確保のため、海上および氷上を移動することを目的とした実験船として開発されたことがスタートでした。

ガリンコ号イメージ

その後、実験船としての役目を終えた船を紋別市が譲り受け、乗船席を付けるなどの改造を行い、1987年に世界初の流氷砕氷観光船として、初代ガリンコ号がデビューしました。

施設イメージ

就航時、定員は32名でしたが、その後2階建てに改造され、70名に増員されました。初代の「ガリンコ号」は、1996年までの10年間運航され、翌年から現在の「ガリンコ号Ⅱ」(定員195名)が運航を開始し、約24年間多くのお客様に流氷の素晴らしさと感動を与えています。
ちなみに「初代ガリンコ号」は現在のガリンコ号乗り場の近くにある、「オホーツクとっかりセンター」の横に展示されており、気軽に見ることができます。間近で見ると意外(!?)な大きさにきっと驚かされる事でしょう。

イベント情報 イベント情報

氷の世界を楽しめるイベント 「もんべつ流氷まつり」

氷の世界を楽しめるイベント 「もんべつ流氷まつり」

数々の芸術的な氷像が展示され、厳しい寒さが魅力に変わる!2021年は2月11日(木・祝)~2月14日(日)の4日間の予定でガリンコ号ステーション近くのガリヤゾーンで開催されます。
(新型コロナウイルス感染拡大予防の為、内容の変更・中止の可能性もございます。)

紋別観光案内所のサイトへ 新しいウィンドウで開く。外部サイトの場合はアクセシビリティガイドラインに対応していない可能性があります。

オホーツク紋別の昔ながらの手作りに挑戦 出塚水産の工場見学

オホーツク紋別の昔ながらの手作りに挑戦 出塚水産の工場見学

出塚水産の工場見学(オホーツク回廊)では、実際の製造現場を自由にご覧いただけます。揚げたての蒲鉾をほおばりながら、ぜひ紋別の産業をお気軽にご見学ください。

出塚水産のサイトへ 新しいウィンドウで開く。外部サイトの場合はアクセシビリティガイドラインに対応していない可能性があります。