忠犬ハチ公のふるさと秋田県大館市文字:忠犬ハチ公のふるさと秋田県大館市

写真:秋田犬

秋田犬に会いに行こう!
ぬいぐるみプレゼントキャンペーン実施中!!

詳しくはこちら>>>>

ピンと立った耳やフワフワと巻いた尾尻のかわいらしさが特徴の「秋田犬」。飼い主に忠実な性格から、海外での人気も高く、英語で「AKITA」といえば「秋田犬」を意味するのが一般的です。

「あきたけん」と呼ばれることもありますが、正確には「あきたいぬ」。毛色は、薄茶色の「赤」、純白の「白」、濃いグレーの混ざった「虎」の3種類。1931(昭和6年)7月、日本犬で初めて天然記念物に指定されています。

写真:二匹の秋田犬
写真:二匹の秋田犬2

1934(昭和9)年4月に建てられて以来、待ち合わせスポットとして有名なJR渋谷駅改札口前に建つ「ハチ公」像のモデルとなった秋田犬のふるさとも大館市。翌年には大館駅前にも「ハチ公」像が建てられ、今に残ります。「ハチ公」のエピソードは世界的にもよく知られ、奇跡の人ヘレン・ケラーも感銘を受けたと伝えられます。1937(昭和12)年、ヘレン・ケラーに贈られた「神風号」が初めて海外へ渡った秋田犬だとか。

現在、県の観光シンボルにもなっている秋田犬。大館市内には、「秋田犬会館」のスタッフ犬4頭や、NPO法人が「あいにいける秋田犬」をコンセプトに飼うメスの秋田犬「のの」、2017年8月、JR大館駅敷地内にオープンしたばかりの「秋田犬ふれあい処」では2頭の秋田犬「飛鳥&あこ」が観光客を出迎えます。

大館駅前のほか、「秋田犬会館」前に建つ「望郷のハチ公」像、大館八幡神社の「秋田犬の狛犬」、秋田犬像が乗った市役所前の郵便ポストなど、秋田犬がモチーフの像やモニュメントは15カ所以上。マンホールのデザインや公衆トイレまで、市内には「秋田犬スポット」がいっぱい。2017年10月には「秋田犬検定」も始まりました。

写真:秋田犬のの

インフォメーション

大館能代空港(秋田犬によるお出迎え)

空港ターミナルビル施設内で、秋田犬のぬいぐるみ2体が空港利用者をお出迎えするほか、毎月8の付く日(8日、18日、28日)の午前便の到着に合わせて、「秋田犬」のお出迎えも。記念写真を撮ったり、触れ合ったりすることができます。

公益社団法人 秋田犬保存会

  • 秋田県大館市三ノ丸13-1
  • TEL:0186-42-2502
  • 営業時間:9:00〜16:00(冬期)
  • 入館料:大人200円、子供100円

秋田犬ふれあい処

  • 秋田県大館市御成町1丁目3-1(JR大館駅敷地内)
  • 営業時間:9:00~15:30
  • 定休日:毎週月曜・木曜、年末年始(12月31日・1月1日)

秋田犬検定

秋田犬検定ページへ

アクセス

  • 大館能代空港から「リムジンバス」でJR大館駅(約45分/920円)
  • 秋田空港から「リムジンバス」でJR秋田駅(約35分/運賃:930円)、JR秋田駅からJR大館駅(約1時間30分/運賃:1,940円)

秋田・大館に行くなら、航空券と宿泊を自由に組合わせる旅作がおすすめ