旅作×「奥能登国際芸術祭2017」

最涯の芸術祭、美術の最先端

ANA旅作で行く 奥能登国際芸術祭 2017年9月3日~10月22日 ANA旅作で行く 奥能登国際芸術祭 2017年9月3日~10月22日

さいはての地と現代アートが響きあう

珠洲市

能登半島の先端に位置する石川県珠洲市。古くから海と陸の交流が盛んに行われ、特異な文化が育まれた珠洲は、地理的に孤立していることから、日本文化の源流ともいうべき昔ながらの暮らしや風習がいまも残っています。“忘れられた日本”がそこにあります。連日のように全域で「キリコ祭り」が行われ、奥能登が一年で最も活気づく秋に開催される「奥能登国際芸術祭2017」は、伝統文化と最先端の美術が響き合うアートの祭典。国内外から参加するアーティストと共に奥能登珠洲に眠るポテンシャルを掘り起こし、日本の“最涯(さいはて)”から“最先端”の文化を創造する試みです。

参加アーティスト紹介 11の国と地域から39組のアーティストが参加 参加アーティスト紹介 11の国と地域から39組のアーティストが参加
  • 塩田千春イメージ塩田千春イメージ塩田千春(日本)旧清水保育所/大谷地区
  • 中瀬康志イメージ中瀬康志イメージ中瀬康志(日本)旧上黒丸小学校/若山地区
  • ラックス・メディア・コレクティブイメージラックス・メディア・コレクティブイメージphoto by Srinivas Kurugantiラックス・メディア・コレクティブ(インド)旧上戸駅/上戸地区
  • アデル・アブデスメッドイメージアデル・アブデスメッドイメージPhoto by Gilles Bensimonアデル・アブデスメッド(アルジェリア/フランス)
    旧鵜飼駅/宝立地区
  • 鴻池朋子イメージ鴻池朋子イメージ鴻池朋子(日本)
    シャク崎/日置地区
  • さわひらきイメージさわひらきイメージさわひらき(日本)旧日置公民館/日置地区
  • ひびのこづえイメージひびのこづえイメージ(作者)photo by Sachie Abiko
    (作品)photo by Naoki Ishikawa
    ひびのこづえ(日本)旧飯塚保育所/正院地区
  • 岩崎貴宏イメージ岩崎貴宏イメージ岩崎貴宏(日本)
    民家/三崎地区
  • アレクサンドル・コンスタンチーノフイメージイメージアレクサンドル・コンスタンチーノフ(ロシア)岬沿いのバス停/正院~大谷地区
  • ギム・ホンソックイメージギム・ホンソックイメージギム・ホンソック(韓国)
    旧珠洲駅/直地区
  • 河口龍夫イメージ河口龍夫イメージ河口龍夫(日本)旧飯田駅/飯田地区
  • トビアス・レーベルガーイメージトビアス・レーベルガーイメージphoto by Barbara Klemmトビアス・レーベルガー(ドイツ)のと鉄道線路敷き/正院・蛸島地区