佐賀県 佐賀県

明治維新150年を祝して開催される
幕末維新博覧会をはじめ
神社や庭園を巡り、佐賀県の歴史を感じる旅へ。
画像
画像

肥前さが
幕末維新博覧会

幕末維新期の佐賀を映像で体感できる博覧会。メインパビリオンを中心に佐賀県内の各地で開催されます。
開催にあわせて、街中には25人の偉人たちが等身大モニュメントで登場。佐賀の歴史はもちろん、食や文化、アートも思う存分楽しめます。
TOPページの「肥前さが幕末維新博覧会」リンクより詳細をご覧いただけます。

※開催期間:2018年3月17日~2019年1月14日

住所:佐賀市城内2-1-35 GoogleMapで見る>

画像

祐徳稲荷神社

日本三大稲荷の一つに数えられる祐徳稲荷神社。参拝者は年間300万人にものぼります。神殿をはじめ拝殿、楼門など主要な建物はすべて漆塗り。その美しさから「鎮西日光」とも呼ばれています。
祀られているのは倉稲魂神(うがのみたまのおおかみ)、大宮売神(おおみやのめのおおかみ)、猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)。衣食住の守護神として仰がれています。

住所:佐賀県鹿島市古枝 GoogleMapで見る>

画像

御船山楽園

御船山のふもとに位置する庭園。2010年に国の登録記念物に認定されました。
春には5,000本の桜と50,000本のツツジが咲き誇り、園内はツツジの絨毯をしきつめたような光景に。秋には木々が黄色や赤に色づき、また一味違った表情をみせます。

住所:佐賀県武雄市武雄町大字武雄4100 GoogleMapで見る>

画像

秘窯の里 大川内山

美しい磁器の製作を推進した佐賀藩は、その製作技法を他藩に盗まれないよう、有田からこの大川内山に藩窯を移しました。決して外部に漏れないよう絵柄から失敗作まで厳重に管理していたそうです。
今も大川内山には多くの窯元が残り、当時の伝統や技法が受け継がれた伊万里焼に出会うことができます。

住所:佐賀県伊万里市大川内町乙1806 GoogleMapで見る>

画像

唐津城

別名「舞鶴城」と呼ばれる唐津市のシンボル。豊臣秀吉の家臣、寺沢志摩守広高が、慶長7年 (1602年)から7年の歳月をかけて築城しました。その後、廃藩置県により廃城となりましたが、昭和41年(1966年)に復元され現在の姿に。
春には唐津城周辺の舞鶴公園に桜や藤が咲き誇り、花の名所としても知られています。

住所:唐津市東城内8-1 GoogleMapで見る>

佐賀県へ行く

薩長土肥の
おすすめスポットを他にも見る

  • 鹿児島県
  • 山口県
  • 高知県