病気・けがをされているお客様へ

サービスについてのご案内

航空機搭乗時を含め、旅行中に酸素吸入や医療機器をご使用なさる方、おからだに金属製の固定具などをご使用の方、アレルギーをお持ちの方のご旅行に際し、航空機への搭乗に関するご案内や、滞在先でのご案内をいたします。
飛行中の機内では気圧の変化が生じたり、旅行先での環境も変わってまいりますので、事前に主治医とご相談くださいますようお願いいたします。
本ページでANAの例をご案内しておりますが、お客様のおからだのコンディションや航空機内で必要とされる医療行為、持ち込み・ご使用の医療機器、また利用航空会社によっては、該当しない場合であっても診断書のご用意をお願いする場合もございます。その際は、ご協力くださいますようお願いいたします。

病気・けがをされているお客様へ

医療機器をご使用のお客様

医療用酸素ボンベまたは電子医療機器をご使用の方

医療用酸素ボンベについて

医療用酸素ボンベは「危険物」となりますが、ANAでは医療を目的として用いる場合のみ航空輸送が認められています。
また、ご本人様が酸素ボンベの操作を熟知しているか、熟知している方の付き添いが必要となります。
人工呼吸器、酸素濃縮器(POC)を含め、航空機内で酸素吸入が必要なお客様は、航空会社所定の診断書の用意など事前に必要な手続きがございます。旅行をお申し込みの際に「おからだの不自由なお客様の旅行相談デスク」へお知らせください。
尚、旅行先で医療用酸素ボンベの手配が必要な場合は、お客様ご自身でご用意くださいますようお願いいたします。

貸代用酸素ボンベ

人工呼吸器、酸素濃縮器(POC)、吸引器などの電子医療機器について

人工呼吸器、酸素濃縮器(POC)、吸引器などの電子医療機器を航空機へ搭載、または航空機内でご使用のお客様は、航空機に搭載が出来ないタイプや、航空機内でご使用いただけないタイプがございますので、 メーカー名と機種名(型番)及びバッテリーの種類をお知らせください。
航空会社に確認いたします。

診断書について

ANAでは、診断書は航空機搭乗日を含め 14日前以降に主治医により発行されたものが有効になります。
14日前よりも早く入手された診断書は、お使いいただけませんのでご注意ください。
復路の搭乗日を基準に診断書を準備されることをお勧めいたします。

ANA指定の診断書・酸素ボンベ仕様確認書について

診断書・酸素ボンベ仕様確認書については、ANA指定のフォーマットを準備しております。それぞれご確認いただき、ご手配をお願いいたします。

自己注射をご使用の方

インスリン注射エピペンなどの自己注射器や、医師から処方された在宅自己注射薬剤を投与するために使用する自己注射針は、日本国内線および日本発の国際線は持込み制限がありません。

おからだに金属製の固定具などが入っているお客様

心臓ペースメーカー(または埋め込み式除細動器(ICD))を装着されている場合やおからだに金属製の固定具などが入っている場合、空港の保安検査で金属探知機に反応する場合がありますので、スムーズに保安検査を通過していただけるように、お持ちの証明書などをご提示のうえ保安検査係員にお知らせください。証明書などのご用意がない場合は口頭でお客様の状況をご説明ください。

食物アレルギーをお持ちのお客様

食物アレルギーをお持ちのお客様へ、宿泊ホテルのお食事について、お客様のアレルギーの状態に合せて、可能な範囲で確認・変更手配いたします。
なお、対応出来ないホテルもございます。また、別途費用をご負担いただくこともありますのであらかじめご了承ください。ご希望のお客様は、旅行のお申し込みの際にご相談ください。
調理過程においてアレルゲンの混入防止には努めておりますが、大気中の浮遊物など超微量の混入までの確約はいたしかねますので、ご心配なお客様はご自身で召し上がれる物をご準備いただく事をお勧めいたします。

その他サポート内容のご案内

国内ツアー

海外ツアー

おからだの不自由なお客様の旅行相談デスク

お電話でお問い合わせ

(IP電話)

ナビダイヤルは一般回線の場合、全国一律1分10円(携帯電話:20秒10円)でご利用いただけます。携帯電話の定額通話をご利用の方は、050から始まるIP電話をご利用ください。

受付時間10:00~17:00
(土・日曜・祝日および12/29~1/3、5/1を除く)

FAXでお問い合わせ

受付時間10:00~17:00
(土・日曜・祝日および12/29~1/3、5/1を除く)

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®