直島・男木島で アートに触れる。 ART のどかな島に現れる アートの数々直島・男木島で アートに触れる。 ART のどかな島に現れる アートの数々

香川県の直島をはじめとする島々には、
有名アーティストたちが手がけた作品が展示されている。
島の風景に溶け込んだ独創的なアートを探してみよう。

香川県の直島をはじめとする島々には、有名アーティストたちが手がけた作品が展示されている。島の風景に溶け込んだ独創的なアートを探してみよう。

イメージ

【ジャウメ・プレンサ:男木島の魂】
男木島に到着すると否が応にも目に飛び込んでくる建物。
様々な言語で作られた白い屋根は、反射する水や影など
光の加減で変わった表情が見られるのもおもしろい。

【ジャウメ・プレンサ:男木島の魂】
男木島に到着すると否が応にも目に飛び込んでくる建物。様々な言語で作られた白い屋根は、反射する水や影など光の加減で変わった表情が見られるのもおもしろい。

イメージ

建物の中では、地元の方が休憩していたり、
のどかな一面とアートのコントラストも楽しめる。

建物の中では、地元の方が休憩していたり、のどかな一面とアートのコントラストも楽しめる。

イメージ

【藤本壮介:直島パヴィリオン】
直島パヴィリオンは、27の島々で構成される直島の
「28番目の島」として制作されたアート作品だそうで、

中に入って寝そべったり、思い思いの楽しみ方ができるのも特徴。

【藤本壮介:直島パヴィリオン】
直島パヴィリオンは、27の島々で構成される直島の「28番目の島」として制作されたアート作品だそうで、中に入って寝そべったり、思い思いの楽しみ方ができるのも特徴。

イメージ

直島パヴィリオンは夜になると幻想的に光りだす。
白くライトアップされると、日中とはまた違った展示のように感じる。

直島パヴィリオンは夜になると幻想的に光りだす。白くライトアップされると、日中とはまた違った展示のように感じる。

イメージ

【草間彌生:赤かぼちゃ】
直島の玄関港「宮浦港」の広場に設置された「赤かぼちゃ」。
直島内を走るラッピングバスにもあしらわれるなど、
直島アートの代名詞的作品。

【草間彌生:赤かぼちゃ】
直島の玄関港「宮浦港」の広場に設置された、「赤かぼちゃ」。直島内を走るラッピングバスにもあしらわれるなど、直島アートの代名詞的作品。

イメージ

最大の特徴はかぼちゃの中に入ることができること。
顔を出したり、中から写真を撮ったりさまざな楽しみ方ができる。

最大の特徴はかぼちゃの中に入ることができること。顔を出したり、中から写真を撮ったりさまざな楽しみ方ができる。

イメージ

【山口啓介:歩く方舟】
男木島のアートを見るなら外せないのが
旧約聖書に登場するノアの方舟ならぬ「歩く方舟」だ。

【山口啓介:歩く方舟】
男木島のアートを見るなら外せないのが旧約聖書に登場するノアの方舟ならぬ「歩く方舟」だ。

イメージ

4つに連なる山の方舟を10本の足で、災いを鎮めるために海に向かう姿なのだという。
その様子は勇敢にも、奇怪にも見えてくる。

4つに連なる山の方舟を10本の足で、災いを鎮めるために海に向かう姿なのだという。その様子は勇敢にも、奇怪にも見えてくる。

イメージ

【眞壁陸二:wallalley】
男木島は、丘に建てられた家々をつなぐ細い路地が多く
それは生活に欠かせない道。そんな路地を彩るのが壁画アートだ。

【眞壁陸二:wallalley】
男木島は、丘に建てられた家々をつなぐ細い路地が多くそれは生活に欠かせない道。そんな路地を彩るのが壁画アートだ。

イメージ

男木島ののどかな風景に溶け込んだ壁画アートは
島の新しい町並みの一部になっている。

男木島ののどかな風景に溶け込んだ壁画アートは島の新しい町並みの一部になっている。

イメージ

【栗真由美:記憶のボトル】
蔵の中に、小さなビンがたくさん吊るされたアート作品。
ビンをよく見ると、中には写真やビー玉など
島の人たちの大切な思い出の品が閉じ込めてある。

【栗真由美:記憶のボトル】
蔵の中に、小さなビンがたくさん吊るされたアート作品。ビンをよく見ると、中には写真やビー玉など島の人たちの大切な思い出の品が閉じ込めてある。

イメージ

思い出はいつまでも輝き続ける。そんなメッセージにも取れるこの作品を
見ていると、自分の中の大切な思い出をしまうのならと
考えさせられるだろう。

撮影協力:瀬戸内国際芸術祭実行委員会

思い出はいつまでも輝き続ける。そんなメッセージにも取れるこの作品を見ていると、自分の中の大切な思い出をしまうのならと考えさせられるだろう。

撮影協力:瀬戸内国際芸術祭実行委員会

中国・四国に散りばめられた 旅の楽しみ TRAVEL SPOT