国宝・投入堂への険しい巡礼。断崖絶壁に建てられたお堂国宝・投入堂への険しい巡礼。断崖絶壁に建てられたお堂

木の幹や鎖を伝って登っていく。
参拝登山で知られる三徳山にある国宝・投入堂へ。

木の幹や鎖を伝って登っていく。参拝登山で知られる三徳山にある国宝・投入堂へ。

イメージ

鳥取県の中央に位置する三徳山。その断崖に建てられた「投入堂」には
たくさんの巡礼者が訪れる。お堂までは厳しい登山道にため、入山前には審査がある。
スカートなどの動きにくい服装や、革靴やサンダルなどでは入山許可が降りないほど。

鳥取県の中央に位置する三徳山。その断崖に建てられた「投入堂」にはたくさんの巡礼者が訪れる。お堂までは厳しい登山道にため、入山前には審査がある。スカートなどの動きにくい服装や、革靴やサンダルなどでは入山許可が降りないほど。

イメージ

底がすり減っているスニーカーなども入山許可が降りない。
そんなときはわらじを購入して参拝登山に臨むことができる。
修行者の証である、六根清浄の輪袈裟を肩にかけ投入堂を目指す。

底がすり減っているスニーカーなども入山許可が降りない。そんなときはわらじを購入して参拝登山に臨むことができる。修行者の証である、六根清浄の輪袈裟を肩にかけ投入堂を目指す。

イメージ

緑深い森に入ると、ものの数分で険しい山道が待っている。
張り巡らされた木の根を伝って、ほぼ崖のような道を登っていく。
森林浴を楽しむ間も無く修行の道は始まった。

緑深い森に入ると、ものの数分で険しい山道が待っている。張り巡らされた木の根を伝って、ほぼ崖のような道を登っていく。森林浴を楽しむ間も無く修行の道は始まった。

イメージ

なかには鎖を使って登らなければならないほどの断崖もあり、
どうやって登ればいいんだ、という気を緩められない場所が続く。

なかには鎖を使って登らなければならないほどの断崖もあり、どうやって登ればいいんだ、という気を緩められない場所が続く。

イメージ

しばらく進むと、参拝登山の途中にある文殊堂にたどり着く。
絶景を前に、これまでの疲れが一気に吹き飛んでいく。

しばらく進むと、参拝登山の途中にある文殊堂にたどり着く。絶景を前に、これまでの疲れが一気に吹き飛んでいく。

イメージ

鐘楼堂では鐘をついて安全を祈願。
気がつけば、はじめは違和感があったわらじも、いつしか足に馴染んで
すっかり手放せなくなっていた。投入堂まであと少しだ。

鐘楼堂では鐘をついて安全を祈願。気がつけば、はじめは違和感があったわらじも、いつしか足に馴染んですっかり手放せなくなっていた。投入堂まであと少しだ。

イメージ

ついに投入堂に到着した。険しかった道中の苦労が報われる圧巻の佇まい。
修行の道は決して生易しいものではないが、
これだけ絶景に満ちたパワースポットはここだけだろう。

ついに投入堂に到着した。険しかった道中の苦労が報われる圧巻の佇まい。修行の道は決して生易しいものではないが、これだけ絶景に満ちたパワースポットはここだけだろう。

中国・四国に散りばめられた 旅の楽しみ TRAVEL SPOT