砂のアクティビティ。 鳥取砂丘のサンドボード砂のアクティビティ。 鳥取砂丘のサンドボード

スノーボードならぬサンドボード。
ここだけの砂のアクティビティを体験。

スノーボードならぬサンドボード。ここだけの砂のアクティビティを体験。

イメージ

鳥取の観光で切っても切れないのが「鳥取砂丘」だ。
もはや鳥取の代名詞的存在である砂丘では、さまざまな砂のアクティビティがあるという。
なかでも砂丘を利用して滑り降りる、サンドボードが大人気。

鳥取の観光で切っても切れないのが「鳥取砂丘」だ。もはや鳥取の代名詞的存在である砂丘では、さまざまな砂のアクティビティがあるという。なかでも砂丘を利用して滑り降りる、サンドボードが大人気。

イメージ

家族でも参加できるというのも人気の理由だが、
何を隠そうサンドボードは、海外の砂丘地帯では1980年代後半に始まったスポーツなのだそう。
スノーボードを改造した専用のボードで滑り降りる。

家族でも参加できるというのも人気の理由だが、何を隠そうサンドボードは、海外の砂丘地帯では1980年代後半に始まったスポーツなのだそう。スノーボードを改造した専用のボードで滑り降りる。

イメージ

インストラクターにレクチャーを受けると「さあ。行きましょう!」といきなり始まる。
サンドボードは緩やかな傾斜では滑りにくいため、かなり傾斜のある場所で行う。
初めはそれなりに勇気というか、覚悟が試される。

インストラクターにレクチャーを受けると「さあ。行きましょう!」といきなり始まる。サンドボードは緩やかな傾斜では滑りにくいため、かなり傾斜のある場所で行う。初めはそれなりに勇気というか、覚悟が試される。

イメージ

スノーボードとの違いは、蛇行できないこと。ボードが砂にとられるため、
サンドボードは基本的に直滑降。重心の取り方も滑り方も違うため、
スノーボード経験者であっても、初めから上手くは滑れないだろう。

スノーボードとの違いは、蛇行できないこと。ボードが砂にとられるため、サンドボードは基本的に直滑降。重心の取り方も滑り方も違うため、スノーボード経験者であっても、初めから上手くは滑れないだろう。

イメージ

そして最大の違いが、滑り終わったら歩いて斜面を登ること。
滑り台を滑っては登ってを繰り返した子どもの頃を思い出す。
まさに童心に帰って楽しむアクティビティ。

撮影協力:鳥取砂丘サンドボードスクール

そして最大の違いが、滑り終わったら歩いて斜面を登ること。滑り台を滑っては登ってを繰り返した子どもの頃を思い出す。まさに童心に帰って楽しむアクティビティ。

撮影協力:鳥取砂丘サンドボードスクール

中国・四国に散りばめられた 旅の楽しみ TRAVEL SPOT