レトロな街、函館を歩く。 SIGHTSEEING 街のいたるところに和洋折衷レトロな街、函館を歩く。 SIGHTSEEING 街のいたるところに和洋折衷

異文化交流の歴史を現代に残す函館。
フォトジェニックなレトロな街並みを散策しよう。

異文化交流の歴史を現代に残す函館。フォトジェニックなレトロな街並みを散策しよう。

イメージ

【函館のレトロな風景】
明治20年に建設されたという金森レンガ倉庫。明治40年に消失して、
明治42年に再建されたと言われていて、現在も数棟は現役の倉庫として使用されている。

【函館のレトロな風景】
明治20年に建設されたという金森レンガ倉庫。明治40年に消失して、明治42年に再建されたと言われていて、現在も数棟は現役の倉庫として使用されている。

イメージ

金森レンガ倉庫周辺はレトロな風景がたくさん散りばめられている。
海にまつわるものも多く、ベイエリアだけあって、
おしゃれなひとときを過ごせるのも魅力。

金森レンガ倉庫周辺はレトロな風景がたくさん散りばめられている。海にまつわるものも多く、ベイエリアだけあって、おしゃれなひとときを過ごせるのも魅力。

イメージ

街を走る函館市電は、レトロな街並みにマッチした、
観光エリアをつなぐ足としても頼れる旅の味方。

街を走る函館市電は、レトロな街並みにマッチした、観光エリアをつなぐ足としても頼れる旅の味方。

イメージ

【茶房 ひし伊】
明治38年に建てられた質蔵を改装した「茶房 ひし伊」。
函館では珍しく、黒漆喰の外壁に弁柄色の扉という重厚な作り。
店内にはアンティークな雑貨が並べられて落ち着いた雰囲気。

【茶房 ひし伊】
明治38年に建てられた質蔵を改装した「茶房 ひし伊」。函館では珍しく、黒漆喰の外壁に弁柄色の扉という重厚な作り。店内にはアンティークな雑貨が並べられて落ち着いた雰囲気。

イメージ

あんみつと抹茶のセットのほか、ロールケーキやパフェなど
和と洋のスイーツのほか、軽食も。函館散策の休憩にもぴったり。

あんみつと抹茶のセットのほか、ロールケーキやパフェなど和と洋のスイーツのほか、軽食も。函館散策の休憩にもぴったり。

イメージ

【旧函館区公会堂】
函館のレトロな街を印象付ける建物といえば「旧函館区公会堂」。
木造2階建のコロニアルスタイルの建物は独特の洋風スタイルで
旧道庁など、多くの公共建築物に用いられた意匠なのだとか。
※現在保存修理のため2021年春まで休館中

【旧函館区公会堂】
函館のレトロな街を印象付ける建物といえば「旧函館区公会堂」。木造2階建のコロニアルスタイルの建物は独特の洋風スタイルで旧道庁など、多くの公共建築物に用いられた意匠なのだとか。※現在保存修理のため2021年春まで休館中

イメージ

【函館の坂】
函館は坂道の名所として知られている。
その坂道のいたるところで見られる景色や銅像も必見。
「赤い靴の少女像」や「ハイカラさん」さらに「ペリー提督」まで。

【函館の坂】
函館は坂道の名所として知られている。その坂道のいたるところで見られる景色や銅像も必見。「赤い靴の少女像」や「ハイカラさん」さらに「ペリー提督」まで。

イメージ

そして何といっても函館の坂といえば「八幡坂」だろう。
坂の先の函館港を見下ろす景色は、もはや函館の代名詞だ。
しかし函館の坂はほかにもある。レトロな函館の散策はまだまだ尽きない。

そして何といっても函館の坂といえば「八幡坂」だろう。坂の先の函館港を見下ろす景色は、もはや函館の代名詞だ。しかし函館の坂はほかにもある。レトロな函館の散策はまだまだ尽きない。

イメージ

もうひとつ、函館を代表するものといえば夜景だ。
ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンに3つ星として掲載された絶景。
函館山から見下ろす夜景を見ずして函館は語れない。

もうひとつ、函館を代表するものといえば夜景だ。ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンに3つ星として掲載された絶景。函館山から見下ろす夜景を見ずして函館は語れない。