動物たちの多彩な表情。 飼育している動物の種類の多さ国内No,1動物たちの多彩な表情。 飼育している動物の種類の多さ国内No,1

名古屋市にある「東山動植物園」ではたくさんの品種が見られるが
それ以上に魅力的なのは、アイドル並みの人気を誇る動物たちだ。

名古屋市にある「東山動植物園」ではたくさんの品種が見られるがそれ以上に魅力的なのは、アイドル並みの人気を誇る動物たちだ。

イメージ

「東山動植物園」は、名古屋という場所柄、
観光客のみならず、地域の人も日常的に訪れる人気のテーマパーク。
休日にもなれば、多くの来場者で賑わっている。

「東山動植物園」は、名古屋という場所柄、観光客のみならず、地域の人も日常的に訪れる人気のテーマパーク。休日にもなれば、多くの来場者で賑わっている。

イメージ

およそ500種もの飼育数は、国内一を誇る。
広大な敷地には植物園エリアや遊園地エリアもあって、
1日で回りきるのは困難なほど、充実したテーマパークだ。

およそ500種もの飼育数は、国内一を誇る。広大な敷地には植物園エリアや遊園地エリアもあって、1日で回りきるのは困難なほど、充実したテーマパークだ。

イメージ

そんな「東山動植物園」では数々のアイドルが存在する。
最も有名なのは、ニシゴリラの「シャバーニ」だろう。
端正な顔立ちとキメ顔で、イケメンゴリラと称される園内のスーパースター。

そんな「東山動植物園」では数々のアイドルが存在する。最も有名なのは、ニシゴリラの「シャバーニ」だろう。端正な顔立ちとキメ顔で、イケメンゴリラと称される園内のスーパースター。

イメージ

メスの倍の体重があるというだけあって、圧巻の巨体。
その存在感もあって、来場者の視線はシャバーニに釘付けだ。
優しかったり、厳しい視線だったり、実に多彩な表情を持っている。

メスの倍の体重があるというだけあって、圧巻の巨体。その存在感もあって、来場者の視線はシャバーニに釘付けだ。優しかったり、厳しい視線だったり、実に多彩な表情を持っている。

イメージ

園内でも1,2を争う人気を誇るコアラたち。
午後の食事タイムは、普段寝ているコアラが活発に動く時間帯。
新しいユーカリの葉を求めて、コアラジャンプ!

園内でも1,2を争う人気を誇るコアラたち。午後の食事タイムは、普段寝ているコアラが活発に動く時間帯。新しいユーカリの葉を求めて、コアラジャンプ!

イメージ

「東山動植物園」では近年コアラの赤ちゃんが誕生していて、
2017年に誕生した「こまち」や2018年に誕生した「ななみ」など
小さなコアラを見られるのも人気の秘密。コアラアイスも是非。

「東山動植物園」では近年コアラの赤ちゃんが誕生していて、2017年に誕生した「こまち」や2018年に誕生した「ななみ」など小さなコアラを見られるのも人気の秘密。コアラアイスも是非。

イメージ

そして大注目なのがメディアに引っ張りだこのフクロテナガザルの「ケイジ」。
なにを隠そう独特の叫び声が面白いと話題で、みんな今か今かと待ち望む。
しかし、叫ばないときは何時間待ってもなかなかな叫んでくれないのだとか。

そして大注目なのがメディアに引っ張りだこのフクロテナガザルの「ケイジ」。なにを隠そう独特の叫び声が面白いと話題で、みんな今か今かと待ち望む。しかし、叫ばないときは何時間待ってもなかなかな叫んでくれないのだとか。

イメージ

諦めずにずっと待っていると、ケイジが興奮して動きが激しくなってきた!
喉元にある袋を膨らませて、「あ〜〜っ!」と叫んだ!
フクロテナガザル舎の周りで沸き起こる拍手。この不思議な一体感も面白い。

諦めずにずっと待っていると、ケイジが興奮して動きが激しくなってきた!喉元にある袋を膨らませて、「あ〜〜っ!」と叫んだ!フクロテナガザル舎の周りで沸き起こる拍手。この不思議な一体感も面白い。

イメージ

これだけ長時間同じ動物を見続けられる動物園も珍しい。
「東山動植物園」は、まさにアイドルに会いに行く感覚に近いかもしれない。

撮影協力:名古屋市 東山動植物園

これだけ長時間同じ動物を見続けられる動物園も珍しい。「東山動植物園」は、まさにアイドルに会いに行く感覚に近いかもしれない。

撮影協力:名古屋市 東山動植物園