独創的な九州のグルメたち。美味しさが集結した九州の味独創的な九州のグルメたち。美味しさが集結した九州の味

国内屈指の名物グルメが揃う九州。
食通が多い地域だからこそ、探求を重ねてできた独特の料理。
食欲を掻き立てる匂いに誘われたなら、暖簾をくぐってみよう。

国内屈指の名物グルメが揃う九州。食通が多い地域だからこそ、
探求を重ねてできた独特の料理。
食欲を掻き立てる匂いに誘われたなら、
暖簾をくぐってみよう。

イメージ

【ナチュラル&ハーモニック ピュアリィ】
熊本の城下町にある、明治初期の古民家をリノベートしたピュアリィ。
オーガニックにこだわった健康志向のメニューは
どれも優しい味わいで、野菜本来の味を楽しめると評判だ。

【ナチュラル&ハーモニック ピュアリィ】
熊本の城下町にある、
明治初期の古民家をリノベートしたピュアリィ。オーガニックにこだわった健康志向のメニューは
どれも優しい味わいで、
野菜本来の味を楽しめると評判だ。

イメージ

店内には、船着場としての面影を残す石垣や石畳が残されているほか、
野菜や食品、衣類まで、オーガニックにこだわった商品も取り揃えている。
もちろん熊本県産の食材もたくさん。

店内には、船着場としての面影を残す石垣や
石畳が残されているほか、
野菜や食品、衣類まで、オーガニックにこだわった商品も
取り揃えている。
もちろん熊本県産の食材もたくさん。

イメージ

【南風茶屋】
宮崎県南部の海に広がる鬼の洗濯岩を望む「南風茶屋」。
そんな宮崎ならではのロケーションに加え、
チキン南蛮や冷汁といった、宮崎名物が一堂に揃う地元でも人気の食事処。

【南風茶屋】
宮崎県南部の海に広がる鬼の洗濯岩を望む「南風茶屋」。
そんな宮崎ならではのロケーションに加え、
チキン南蛮や冷汁といった、
宮崎名物が一堂に揃う地元でも人気の食事処。

イメージ

ついつい長居してしまいそうな居心地の良さに加え、
明るい笑顔で、軽快に最近の宮崎話を聞かせてくれる女将さん。
なにより名物なのは、この女将さんかもしれない。

ついつい長居してしまいそうな居心地の良さに加え、
明るい笑顔で、軽快に最近の宮崎話を
聞かせてくれる女将さん。
なにより名物なのは、この女将さんかもしれない。

イメージ

【SANDECO COFFEE 数学カフェ】
鹿児島県のスイーツといえば「しろくま」だ。
SANDECO COFFEE 数学カフェのしろくまは、フルーツの湯に浸かったユニークなもの。
旬のフルーツを使用するため、季節ごとの彩りも楽しめそう。

【SANDECO COFFEE 数学カフェ】
鹿児島県のスイーツといえば「しろくま」だ。
SANDECO COFFEE 数学カフェのしろくまは、
フルーツの湯に浸かったユニークなもの。
旬のフルーツを使用するため、
季節ごとの彩りも楽しめそう。

イメージ

白を基調に、鮮やかな窓の色合いが特徴の店内には、
数学カフェと呼ばれるだけあって、中学や高校レベルの問題が置かれている。
※お休み:月〜水の定休のほか不定休でお休みすることがあります。

白を基調に、鮮やかな窓の色合いが特徴の店内には、
数学カフェと呼ばれるだけあって、
中学や高校レベルの問題が置かれている。
※お休み:月〜水の定休のほか不定休で
お休みすることがあります。

イメージ

【佐世保バーガー BigMan】
長崎県のなかでも佐世保グルメとして名高い佐世保バーガー。
もはや佐世保の代名詞と言っても過言ではないくらいの知名度。
佐世保市内、手作り、注文後に調理。この3点が佐世保バーガーの定義とされているのだそう。

【佐世保バーガー BigMan】
長崎県のなかでも
佐世保グルメとして名高い佐世保バーガー。
もはや佐世保の代名詞と言っても
過言ではないくらいの知名度。
佐世保市内、手作り、注文後に調理。
この3点が佐世保バーガーの定義とされているのだそう。

イメージ

ベーコンエッグバーガーの元祖と言われる「BigMan」は、佐世保市内でも指折りの老舗。
昭和45年の創業から、佐世保の名物を第一線で作り続けている。
口に含むと自家製ベーコンの香りが広がる、ジューシーな仕上がり。軽く潰してから食べるのが佐世保流。

ベーコンエッグバーガーの元祖と言われる「BigMan」は、
佐世保市内でも指折りの老舗。
昭和45年の創業から、
佐世保の名物を第一線で作り続けている。
口に含むと自家製ベーコンの香りが広がる、
ジューシーな仕上がり。
軽く潰してから食べるのが佐世保流。

イメージ

【元祖博多めんたい重】
博多名物のひとつ「辛子明太子」。元祖博多めんたい重では、
明太子のポテンシャルを引き出した看板メニュー「めんたい重」が人気。
入店時に4種類ある唐辛子のタレを選ぶスタイルで、お好みの辛さで味わうことができる。

【元祖博多めんたい重】
博多名物のひとつ「辛子明太子」。
元祖博多めんたい重では、明太子のポテンシャルを
引き出した看板メニュー「めんたい重」が人気。
入店時に4種類ある唐辛子のタレを選ぶスタイルで、
お好みの辛さで味わうことができる。

イメージ

一見すると単純に明太子を載せただけのように見えるが、実は明太子に白板昆布が薄く巻かれていて
昆布の旨みと下に敷かれた味付け海苔の甘みと香りが絶妙なバランス。
明太子の上には紫蘇が添えられていて、濃厚な明太子ながらあっさりとした味わいも特徴。

一見すると単純に明太子を載せただけのように見えるが、
実は明太子に白板昆布が薄く巻かれていて
昆布の旨みと下に敷かれた味付け海苔の
甘みと香りが絶妙なバランス。
明太子の上には紫蘇が添えられていて、
濃厚な明太子ながらあっさりとした味わいも特徴。

イメージ

【カフェ&バー ブルヴァ-ル】
大分の新名所「昭和の町」の商店街にある、昔懐かしい給食を食べられる人気店。
揚げパンに鯨の竜田揚げ、フルーツポンチなど、当時テンションが上がった人気メニューを味わえる。

【カフェ&バー ブルヴァ-ル】
大分の新名所「昭和の町」の商店街にある、
昔懐かしい給食を食べられる人気店。
揚げパンに鯨の竜田揚げ、フルーツポンチなど、
当時テンションが上がった人気メニューを味わえる。

イメージ

店内には学校の机を合わせた座席もあり、給食時に机を動かした記憶も呼び起こしてくれる。
もちろん懐かしいアルミの食器や先割れスプーンも健在。思い出話しとともに味わう給食は、また格別。

店内には学校の机を合わせた座席もあり、
給食時に机を動かした記憶も呼び起こしてくれる。
もちろん懐かしいアルミの食器や先割れスプーンも健在。
思い出話しとともに味わう給食は、また格別。