焼き物の町で見る伝統と革新。 器の新たなスタンダード焼き物の町で見る伝統と革新。 器の新たなスタンダード

佐賀県と言えば、全国でも屈指の焼き物の町。
伝統を重んじる一方で、革新的なアイデアもにも注目したい。

佐賀県と言えば、全国でも屈指の焼き物の町。
伝統を重んじる一方で、
革新的なアイデアもにも注目したい。

イメージ

【2016/】
世界から16人のデザイナーがそれぞれ手がける有田の新ブランド「2016/」。
洗練されたデザインもさることながら、手に持ったときの感触やフィット感まで計算された
“使う”と料理を“見せる”を考えた新しい有田焼。

【2016/】
世界から16人のデザイナーが
それぞれ手がける有田の新ブランド「2016/」。
洗練されたデザインもさることながら、
手に持ったときの感触やフィット感まで計算された

イメージ

デザイナーは定期的に有田を訪れ、16もの窯元・商社と開発を進めて
文化的な背景をもとに「世界の日常に寄り添う新たなスタンダード」を作り出している。

デザイナーは定期的に有田を訪れ、16もの窯元・商社と開発を進めて
文化的な背景をもとに
「世界の日常に寄り添う新たなスタンダード」を
作り出している。

イメージ

【KIHARA】
有田焼の400年もの伝統技術と先人たちの想いを胸に、
現代の生活に合わせた商品開発を行って、末永く愛される器を作り続ける「KIHARA」

【KIHARA】
有田焼の400年もの伝統技術と先人たちの想いを胸に、
現代の生活に合わせた商品開発を行って、
末永く愛される器を作り続ける「KIHARA」

イメージ

なかでも「毎日の生活に気軽に取り入れられる器を」と日本の伝統紋様を
モダンにアレンジした「KOMON(コモン)」は有田を身近に感じられる商品に仕上がっている。

なかでも「毎日の生活に気軽に取り入れられる器を」と
日本の伝統紋様をモダンにアレンジした
「KOMON(コモン)」は
有田を身近に感じられる商品に仕上がっている。

イメージ

【有田焼工房】
焼き物を目にしたら実際に体験してみることも大切。
有田ポーセリンパーク内にある有田焼工房では、絵付けからろくろまで、
有田焼の文化に体験を通してに触れることができる。

【有田焼工房】
焼き物を目にしたら実際に体験してみることも大切。
有田ポーセリンパーク内にある有田焼工房では、
絵付けからろくろまで、
有田焼の文化に体験を通してに触れることができる。

イメージ

有田焼を始めて焼いたと言われている李参平が焚いた、
天狗谷古窯を復元したという登り窯は、全長50メートルほどもあるのだとか。
こうした文化の歴史に触れると、改めて伝統の重さを感じさせられる。

有田焼を始めて焼いたと言われている李参平が焚いた、
天狗谷古窯を復元したという登り窯は、
全長50メートルほどもあるのだとか。
こうした文化の歴史に触れると、
改めて伝統の重さを感じさせられる。