Report #04

沖縄の伝統工芸を体験する。作り手の気持ちを体験する沖縄の伝統工芸を体験する。作り手の気持ちを体験する

沖縄の数ある伝統のなかでも、シーサーに代表されるようにやちむんの歴史は古い。
窯元ごとに異なる趣を愉しむのが鉄則。
そして女性からの愛のメッセージが込められたみんさー織り。
歴史を紐解くと、体験する力にも熱が入るだろう。

沖縄の数ある伝統のなかでも、シーサーに代表されるようにやちむんの歴史は古い。窯元ごとに異なる趣を愉しむのが鉄則。そして女性からの愛のメッセージが込められたみんさー織り。歴史を紐解くと、体験する力にも熱が入るだろう。

イメージ

【やちむんを体験】
やちむんとは焼き物のこと。沖縄ではいろいろな工房でやちむんの体験ができる。
ロクロに合わせながらやさしくそっと手を触れてみると、その土の柔らかさに驚く。
少しでも力を加えると形が歪んでしまうので、繊細な力加減が求められる。

【やちむんを体験】
やちむんとは焼き物のこと。沖縄ではいろいろな工房でやちむんの体験ができる。ロクロに合わせながらやさしくそっと手を触れてみると、その土の柔らかさに驚く。少しでも力を加えると形が歪んでしまうので、繊細な力加減が求められる。

イメージ

出来上がった器を使う度に、沖縄の旅を思い出す。
そんなことを想像していたら、よりいいものを作りたい。そんな衝動にかられるだろう。
神経を指先に集中させて、土に気持ちを込めていく。

出来上がった器を使う度に、沖縄の旅を思い出す。そんなことを想像していたら、よりいいものを作りたい。そんな衝動にかられるだろう。神経を指先に集中させて、土に気持ちを込めていく。

イメージ

職人たちが作品を手掛けるその横で、同じ空気を感じながら作れるのは
なんだか職人の仲間入りを果たしたような気分にも。数々の作品がインスピレーションを刺激する。

撮影協力:壺屋焼 陶眞窯

職人たちが作品を手掛けるその横で、同じ空気を感じながら作れるのはなんだか職人の仲間入りを果たしたような気分にも。数々の作品がインスピレーションを刺激する。

撮影協力:壺屋焼 陶眞窯

イメージ

【みんさー織りを体験】
八重山は独自の織物文化が存在する。それが「みんさー織り」。
優しい色使いと、涼しげな触り心地が特徴の織物。

【みんさー織りを体験】
八重山は独自の織物文化が存在する。それが「みんさー織り」。優しい色使いと、涼しげな触り心地が特徴の織物。

イメージ

その昔、女性が男性に気持ちを伝えるときに作る、大切な贈り物としてみんさー織りは広まった。
五つと四つの絣に「いつ(五つ)の世(四つ)までも、末永く」という意があるのだとか。
八重山の女性たちは、それは思いを込めて織り上げたのだそう。

その昔、女性が男性に気持ちを伝えるときに作る、大切な贈り物としてみんさー織りは広まった。五つと四つの絣に「いつ(五つ)の世(四つ)までも、末永く」という意があるのだとか。八重山の女性たちは、それは思いを込めて織り上げたのだそう。

イメージ

織物に大切なのは気持ちを込めて1本1本織り上げること。
経糸に緯糸をすべるようにたぐらせて、リズムよく織り上げていると
なんだか贈る人の笑顔が浮かんできそうだ。

撮影協力:みんさー工芸館

織物に大切なのは気持ちを込めて1本1本織り上げること。経糸に緯糸をすべるようにたぐらせて、リズムよく織り上げているとなんだか贈る人の笑顔が浮かんできそうだ。

撮影協力:みんさー工芸館

日常を忘れて楽しむ島時間 TRAVEL SPOT

その他のエリア

  • 沖縄沖縄
  • 九州九州
  • coming soon