夏を待つ、ねぶたの息吹。ラッセーラ、ラッセーラ!夏を待つ、ねぶたの息吹。ラッセーラ、ラッセーラ!

青森、夏の風物詩「ねぶた」の雰囲気を1年中楽しみたい。
そんな人におすすめしたい、ねぶたの家をご紹介。

青森、夏の風物詩「ねぶた」の雰囲気を1年中楽しみたい。そんな人におすすめしたい、ねぶたの家をご紹介。

イメージ

青森駅からほど近い場所にある「ねぶたの家ワ・ラッセ」。
ここは1年中ねぶたの息吹が感じられる観光スポットとして人気だ。

青森駅からほど近い場所にある「ねぶたの家ワ・ラッセ」。ここは1年中ねぶたの息吹が感じられる観光スポットとして人気だ。

イメージ

館内にはねぶたの歴史がわかるアーチ型の年表などがあり、
ねぶたの資料館として、その文化について知ることができる。

館内にはねぶたの歴史がわかるアーチ型の年表などがあり、ねぶたの資料館として、その文化について知ることができる。

イメージ

独特な青森の方言のほか、ジオラマ、さらには
自分で描いたねぶたの面が投影される、ホログラム体験なども楽しめる。

独特な青森の方言のほか、ジオラマ、さらには自分で描いたねぶたの面が投影される、ホログラム体験なども楽しめる。

イメージ

館内の奥には、実際にねぶた祭りで使用されたねぶたが展示されている。
どれも有名なねぶた師の手による作品が中心だが、やはりその迫力たるや圧巻。

館内の奥には、実際にねぶた祭りで使用されたねぶたが展示されている。どれも有名なねぶた師の手による作品が中心だが、やはりその迫力たるや圧巻。

イメージ

秋頃からは翌年のねぶたのテーマ作成に着手するというが、
光の漏れ具合を計算して、柄の配分を調整するなど、
実は細部に至るまで、相当細かく設計されているのだとか。

秋頃からは翌年のねぶたのテーマ作成に着手するというが、光の漏れ具合を計算して、柄の配分を調整するなど、実は細部に至るまで、相当細かく設計されているのだとか。

イメージ

館内ではねぶたの中の作りも展示されていて、
どのような作りになっているかがわかる。実際に紙貼りの体験もできて
大きなねぶた1つ仕上げるのが途方も無い作業だということが伝わってくる。

館内ではねぶたの中の作りも展示されていて、どのような作りになっているかがわかる。実際に紙貼りの体験もできて大きなねぶた1つ仕上げるのが途方も無い作業だということが伝わってくる。

イメージ

もうひとつ、ぜひ体験したいのがお祭り体験だ。
ねぶた囃子の迫力ある生演奏のほか、ねぶたに欠かせない跳人になったり、
太鼓を叩いたり、手振り鉦を鳴らしたり、臨場感ある体験ができる。

もうひとつ、ぜひ体験したいのがお祭り体験だ。ねぶた囃子の迫力ある生演奏のほか、ねぶたに欠かせない跳人になったり、太鼓を叩いたり、手振り鉦を鳴らしたり、臨場感ある体験ができる。

イメージ

ここでねぶた祭りの体験をしたら、本物のねぶた祭りを
体験せずにはいられなくなるだろう。
さあ、夏を待つねぶたの息吹を感じてみよう。

ここでねぶた祭りの体験をしたら、本物のねぶた祭りを体験せずにはいられなくなるだろう。さあ、夏を待つねぶたの息吹を感じてみよう。

豊かな彩りと情景を見せる東北へ TRAVEL SPOT