仙台城跡を歩く。History 仙台の繁栄の始まり 仙台城跡を歩く。History 仙台の繁栄の始まり

独眼竜伊達政宗が建てたといわれる仙台城。
それは現代の仙台の繁栄に繋がっていた。

独眼竜伊達政宗が建てたといわれる仙台城。それは現代の仙台の繁栄に繋がっていた。

イメージ

仙台の戦国大名といえば一番に「伊達政宗」を思い浮かべるだろう。
かつての地名は「千代」だったそうで、政宗の功績によって領地は拡大し、
やがて「仙台」と改めたという。

仙台の戦国大名といえば一番に「伊達政宗」を思い浮かべるだろう。かつての地名は「千代」だったそうで、政宗の功績によって領地は拡大し、やがて「仙台」と改めたという。

イメージ

仙台城は小高い山の上に建てられ、川の断崖、深い山林、渓谷に守られ、
さらに高さ17m、約70度の急勾配の石垣を見ても、攻め落とすのは容易でないことがうかがえる。

仙台城は小高い山の上に建てられ、川の断崖、深い山林、渓谷に守られ、さらに高さ17m、約70度の急勾配の石垣を見ても、攻め落とすのは容易でないことがうかがえる。

イメージ

政宗が建てた仙台城は難攻不落の名城だったが、
政宗は城のみならず、城下町も一から開発したのだとか。
現代の仙台の繁栄につながっていると思うと、感慨深いものがある。

政宗が建てた仙台城は難攻不落の名城だったが、政宗は城のみならず、城下町も一から開発したのだとか。現代の仙台の繁栄につながっていると思うと、感慨深いものがある。