わんこそば100杯の壁を越える。盛岡のおもてなし体験わんこそば100杯の壁を越える。盛岡のおもてなし体験

岩手の食文化の中でも、もはや体験に近いといえるわんこそば。
100杯を越えるともらえるという
「わんこそば証明手形」を手に入れることはできるだろうか。

岩手の食文化の中でも、もはや体験に近いといえるわんこそば。100杯を越えるともらえるという「わんこそば証明手形」を手に入れることはできるだろうか。

イメージ

岩手県の名物わんこそば。ここ東家は、創業明治40年という
盛岡の歴史を色濃く残す老舗。1階はお食事処、2階はわんこそば専用フロアだ。
わんこそば を食べにきたと伝えると、早速2階へ案内された。

岩手県の名物わんこそば。ここ東家は、創業明治40年という盛岡の歴史を色濃く残す老舗。1階はお食事処、2階はわんこそば専用フロアだ。わんこそば を食べにきたと伝えると、早速2階へ案内された。

イメージ

厨房では午前中に打ち終えたというそばを茹で始める。
わんこそばは喉越しや柔らかさを考えて作られているのだそう。
エプロンを身につけて気持ちを整える。不思議な緊張感だ。

厨房では午前中に打ち終えたというそばを茹で始める。わんこそばは喉越しや柔らかさを考えて作られているのだそう。エプロンを身につけて気持ちを整える。不思議な緊張感だ。

イメージ

わんこそばは着々と準備されている。
100杯達成のプレッシャーに押しつぶされそうになりつつも
自分を奮い立たせ、わんこそばは始まった。

わんこそばは着々と準備されている。100杯達成のプレッシャーに押しつぶされそうになりつつも自分を奮い立たせ、わんこそばは始まった。

イメージ

「はいどうぞー!」一口食べれば、お給仕さんがすかさず次のそばをお椀に入れてくる。
15杯、20杯、増えていく空になった器をモチベーションに変えて、100杯を目指す。
お腹にたまってきたら、「薬味で味を変えてみましょうー!」とアドバイスが。

「はいどうぞー!」一口食べれば、お給仕さんがすかさず次のそばをお椀に入れてくる。15杯、20杯、増えていく空になった器をモチベーションに変えて、100杯を目指す。お腹にたまってきたら、「薬味で味を変えてみましょうー!」とアドバイスが。

イメージ

そう、何を隠そうこのお給仕さんとの連携が100杯達成の鍵なのだ。
「はいどんどんー」「はいじゃんじゃんー」「はいお椀持ってー」「休憩なしですよー」
優しい声で厳しく励ます。わんこそばの戦いは一人ではないのだ。

そう、何を隠そうこのお給仕さんとの連携が100杯達成の鍵なのだ。「はいどんどんー」「はいじゃんじゃんー」「はいお椀持ってー」「休憩なしですよー」優しい声で厳しく励ます。わんこそばの戦いは一人ではないのだ。

イメージ

お腹も限界が来たら蓋を閉めて終了。しかし、この蓋を閉めるわずか一瞬にも
お給仕さんはわんこそばを放り込んでくる。わんこそばはエンターテインメントのようで
スポーツのようでもある。そんな盛岡のおもてなしをぜひ。

撮影協力:そば処東家

お腹も限界が来たら蓋を閉めて終了。しかし、この蓋を閉めるわずか一瞬にもお給仕さんはわんこそばを放り込んでくる。わんこそばはエンターテインメントのようでスポーツのようでもある。そんな盛岡のおもてなしをぜひ。

撮影協力:そば処東家

豊かな彩りと情景を見せる東北へ TRAVEL SPOT