機内持ち込み・お預かりできないもの(国際線)

全路線共通の制限についてご案内します。海外の渡航において、飛行機にお持ち込み、お預かりができない手荷物がございます。事前にご確認ください。

ご注意
  • コードシェア便および他航空会社の運航便が旅程に含まれる場合は、他社の手荷物ルールが適用になる場合があります。
  • 日本国内線区間を、国際運送約款が適用になる航空券でご利用される場合は国際線の手荷物ルールが適用になります。
  • 航空機での輸送が可能であるか、出発までに確認が取れない場合は、輸送をお断りすることがありますので、あらかじめご了承ください。
  • 一部の国・地域によっては、本ページに記載している手荷物以外にも機内持ち込み・お預かりの制限を設けている場合がございます。

機内持ち込み・お預かりできないもの

危険物は法令により航空機内への持ち込み、預け入れ手荷物の取り扱いもできませんのでご了承願います。(各国の法令により、罰則・罰金が課せられる場合があります。)
危険物を所持されている場合は、出発保安検査場に設置されている「放棄品箱」などにて廃棄願います。
爆発物(花火・クラッカー・不発弾など)、発火性・引火性物質(多量のマッチやライター燃料、キャンプ用ならびに家庭用ストーブ、70度を超えるアルコール飲料を含む)、高圧ガス(コンロ用カセットボンベ、スポーツ用酸素スプレー、徐塵スプレーを含む)、有毒物質(殺虫剤を含む)、腐食性物質*、放射性物質、強磁気性物質、酸化性物質*、有害・刺激的なもの、その他航空機や人員または搭載物など周囲に危険または迷惑を及ぼす恐れのあるもの。

  • 腐食性物質または酸化性物質に該当する漂白剤は、機内持ち込み・お預かりすることができません

電動立ち乗り自転車

花火・クラッカー

キャンプ用ガスボンベ

漂白剤

殺虫剤・農薬

スポーツ剤・酸素缶

危険物についての代表例

オイル充填式携帯カイロは、引火性液体の危険物を燃料として使用するため、機内へのお持ち込みもお預かりもできません。

  • オイル充填式携帯カイロは、吸収剤(綿)入りのオイルライターと内部構造が似ていますが、ライターは危険物関連法規で喫煙に使用するもの(お一人様1個)に限り、機内へのお持ち込みが特別に認められているものになります。
  • 一度でも燃料を注入したものは、機内持ち込み・お預かりできません。

キャンプ用ガスボンベ

コンロ部分にガスが残留していない事が確認できない場合には、機内へのお持ち込み・お預かりともにできないことがあります。
なおガスボンベならびにガスカートリッジはお持ち込みもお預けもできません。

殺虫剤・農薬

殺虫剤や農薬は量にかかわらず機内持ち込みもお預けもできません。

花火・クラッカー

花火やクラッカーは量にかかわらず機内持ち込みもお預けもできません。

その他制限のある手荷物

手荷物についてのよくあるご質問

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®