山田副操縦士のプラス・アルファ!@ハノイ
「気分リフレッシュ、お腹大満足。ハノイの楽しみ方をご紹介(前編)」

ベトナムの首都ハノイは、同国の政治と文化、工業の中心地。日本からも多くの観光客やビジネスマンが訪れています。今回は山田副操縦士がハノイのおススメスポットをご紹介します。

こんにちは。エアバスA320副操縦士の山田です。ステイ先では、その土地の郷土料理や旬なものが食べられるお店へ行くようにしています。

今回は航空教室に参加するため出張でハノイを訪れました。写真はフライトを担当しているエアバスA320のコックピット内です。A320は日本国内でのみ運航しています。※2017年1月現在

経済成長が続くベトナムは活気にあふれています。ハノイの街でも車やバイクが忙しく走り回っています。ハノイでの散策はそんな熱気を肌で感じることができますが、横断歩道が多くありませんので道を渡るのもひと苦労です。

「Chua Tran Quoc(鎮国寺) 」は、ハノイ中心部の西湖という湖の小島にあるお寺です。それほど大きな敷地ではなく境内を一周しても30分はかかりません。人もさほど多くなく、周りは湖や木々がありますので気持ちよくゆっくり散策ができます。※旧正月中は地元の参拝の方で溢れるそうです。

Chua Tran Quoc
住所:Thanh Nien, Truc Bach, Ba Dinh, Ha Noi Google Maps
電話番号:+84 4 3829 3869
営業時間:月~日 7:00~11:30 13:30~18:30

散策の後は、ハノイ支店のスタッフのおススメで、最近オープンしたおしゃれなレストラン「Uu Dam Chay(ウーダムチャイ)」に行きました。天井が高く開放的な店内は、センス良いインテリアでまとめられていて、綺麗なお店です。ドリンクはフルーツなどで飾られたカラフルな飲み物が多く、アルコールもそこまで強くなくジュースのような感覚で楽しむことができます。1杯目は全員キュウイやイチゴ、ラズベリーのモヒートで乾杯。

写真上:生春巻き。特製のソースにつけて頂きます。具だくさんです。
写真下:レンコン揚げ。軽く粉チーズがかかっていてお酒のおつまみに合います。

写真上:揚げ春巻き。甘酸っぱいソースに付けて頂きました。
写真下:特製ペカン(クルミ科)ソースのスパゲッティー。

写真上:パンダンリーフという甘い香りのするハーブが入ったチャーハン。
写真下:マッシュルームと豆腐が詰められている柔らかいトマト。

豆腐鍋。店員さんが目の前で調理してくれます。カレーのようなスパイスの効いたスープに野菜と豆腐を入れて強めの火で温めます。麺も独特な触感でスープと絡んでとても美味しかったです。この鍋はやみつきになります。

「ウーダム」は、仏教の世界で3000年に一度開花すると伝えられる聖なる花のサンスクリット語名だそうです。このレストランでは動物由来の食材を使わないビーガン料理を提供していますが、肉を使っていないとは思えないうま味とまろやかさがありました。

Uu Dam Chay
住所:34 Hang Bai, Hoan Kiem, Ha Noi Google Maps
電話番号:+84 98 134 9898
営業時間:月~日 7:00~23:00
URL:http://uudamchay.com/