ANA's インドネシア・フィリピン・インド・ミャンマーツアー

  • 燃油サーチャージ込み
  • Webサイト価値ランキングNo.1

添乗員同行 おすすめツアー

注目キーワード

    価格重視派・人気ホテルはこちら!

      空席照会・予約はこちら

      出発日から探す

      • ・「おすすめホテル」「おすすめツアー」でご紹介している旅行代金は燃油サーチャージを含みます。(現地ホテルから参加プラン、現地空港から参加プランは対象外になります。)
      • ※燃油サーチャージの減額・増額または廃止・新設による旅行代金の変更はありません。(現地空港諸税、国内空港施設使用料・旅客保安サービス料は含まれていません。)
      • ・「おすすめホテル」「おすすめツアー」でご紹介しているパッケージツアーの旅行代金はツアー発売時における全出発日の最低と最高の金額です。 旅作については、掲載旅行代金は2016年6月3日現在の旅行代金になり、空席・空室状況によって変動する場合があります。 ツアーの詳細ページでは予約可能な出発日の旅行代金を表示するため、当ページに表示されている旅行代金と異なる場合があります。

      アジアのパンフレット情報

        アジアのおすすめ情報

        ANA海外ツアーのメリット

        お問い合わせ

        トラベルインフォメーション

        国情報

        インドネシア
        ■正式名称:
        インドネシア共和国
        ■首都:
        ジャカルタ
        ■言語:
        インドネシア語
        ■気候:
        赤道直下の熱帯性気候のため、乾季と雨季のふたつの季節がある。おおむね5~10月が乾季で、11~4月が雨季となる。乾季は湿度があまり高くならずに過ごしやすい。雨季は午後になるとスコールのような大雨が降り、湿度も高くなる。
        ■通貨:
        ルピア(Rupiah)
        ■電圧:
        電圧は220Vで、周波数は50Hz。プラグは丸ピン2本足のCタイプが一般的。日本国内の電化製品を使用する場合には、変圧器とアダプターが必要。
        ■時差:
        ジャカルタ-2時間、バリ島-1時間
        フィリピン
        ■正式名称:
        フィリピン共和国
        ■首都:
        マニラ
        ■言語:
        フィリピノ(タガログ)語
        ■気候:
        熱帯性気候。年間を通じて暖かく、年平均気温は26~27℃。6~11月が雨期、12~5月が乾期と一応分かれているが、地域によってかなり差がある。服装については、年間を通じて日本の夏の服装でOK。ただし、機内、夜行バス車内、ホテル、デパートなどでは冷房が強く効いていることがあるので、上に羽織るものがあるといい。日差しが強いので、サングラスや帽子もあると便利。
        ■通貨:
        フィリピン・ペソ(P)、センタボ(¢)
        ■電圧:
        220V、60Hz。100-240Vに対応していない日本の電気製品を使うためにはA、Cいずれかの変換プラグと変圧器が必要(セブ島はA、B3、C)。
        ■時差:
        -1時間
        インド
        ■正式名称:
        インド
        ■首都:
        デリー
        ■言語:
        ヒンディー語
        ■気候:
        デリーは、大きく雨季、乾季、暑気の3つに分けられる。 ベストは乾季で晴天の続く11~3月。ただし1月は濃霧で観光や交通に支障をきたすことも。夜はかなり冷え込むこともあるので、羽織れるものを一枚用意しておきたい。 3月末~5月は暑気で日中は40℃を超えることも珍しくない。7月末~8月の雨季は、暑気より気温は下がるが、湿度は高く不快指数もアップ。 ムンバイは、年間を通じて高温多湿。最高気温は常に30℃前後。 6~9月のモンスーンの時期は雨が非常に多く、局地的に激しい雨になることもある。衛生環境も悪化しがちなので、この時期にムンバイを訪れる人は注意が必要。 11~2月が乾季となり、湿度、最低気温とも下がるので、比較的過ごしやすい時期になる。
        ■通貨:
        ルピー(Rupee)
        ■電圧:
        220~240V、50Hz。プラグのタイプはB3、BF、B、Cタイプが主流。
        ■時差:
        -3.5時間
        ■渡航する際の注意:
        インドのビザには、観光、商用、留学などの種類があり、旅行目的で入国する場合は観光ビザの取得が必要。2016年3月現在、観光ビザの取得方法は下記3パターンある。
        • (1)一般ビザ:
          事前にインド以外の国で取得する一般ビザ。日本で取得する場合、観光ビザの有効期限は発給日から6ヵ月で、入国回数制限のないマルチビザ。
          日本でのインドビザ申請は、東京と大阪にあるインド・ビザ・アプリケーション・センターで行う。ビザ申請方法の詳細については下記参照。
          https://www.indembassy-tokyo.gov.in/jp/visa_services_jp.html
        • (2)eツーリストビザ:
          空港で到着時に発行されるビザ。出発の4日以上前にインターネット上で必要事項を入力し、プリントアウトした紙を持参しなければならない。1回のみ入国可で、到着日から30日間有効。下記サイトから申請フォームに入る。
          https://indianvisaonline.gov.in/ visa/tvoa.html
        • (3)アライバルビザ:
          事前申請の必要はなく、現地の空港で発行される。30日間有効のシングルビザ。
          ※2016年3月1日より日本人向け到着時ビザプログラムが変更になりました。詳細については、以下インド大使館URLよりご確認ください。
          http://www.indembassy-tokyo.gov.in/ jp/visa_on_arrival_jp.html
        ミャンマー
        ■正式名称:
        ミャンマー連邦共和国
        ■首都:
        ネピドー
        ■言語:
        ビルマ語
        ■気候:
        国土が南北に長いため地域によってかなり異なり、基本的に中部から南部にかけて熱帯、北部は温帯。外国人が特別の許可なく旅行できる地域は、年間を通して高温多湿。
        ■通貨:
        ミャンマー・チャット(Kyat)、ピャー(Pya)
        ■電圧:
        220~240V、50Hz。日本国内仕様の電気製品はそのままでは使用できない。電力事情は劣悪で、電圧は安定せず、停電も多い。プラグはB、B3型など。
        ■時差:
        -2.5時間
        ■渡航する際の注意:
        ミャンマー入国には渡航目的にあったビザが必要。出発前に取得しておくこと。

        おすすめ観光スポット

        インドネシア
        • ボロブドゥール寺院遺跡
        • モンキー フォレスト
        • ウォーターボム
        • テガララン ライステラス
        • プランバナン寺院群
        • タナロット寺院
        • ティルタ・ガンガ
        • バリ島
        • ウブド
        フィリピン
        • セブ島
        • ボラカイ島
        • エルニド
        • オスロブ
        • チョコレートヒル
        • サント ニーニョ教会
        • ターシャ リサーチ&ディベロップメント センター
        • サン オウガスチン教会
        • サンチャゴ要塞
        • マニラ大聖堂
        インド
        • タージ・マハル
        • ガンジス川
        • エローラ石窟寺院群
        • ジャンタル・マンタル
        • アンベール城
        • インド門
        • ゴア
        ミャンマー
        • バガン遺跡群
        • アーナンダ寺院
        • タビィニュ寺院
        • ブーパヤーパヤー
        • シュエダゴンパヤー
        • ポッパ山国立公園
        • マンダレー旧王宮
        • シュエターリャウン・パゴダ
        • ゴールデンロック
        • インレー湖

        商品紹介

        ANAマイレージクラブ入会のご案内

        メールサービスのご案内

        WEBサイト価値ランキング No.1