ANA

海外旅行(ツアー)の予約ならANA SKY WEB TOUR

海外旅行  >  国内線乗り継ぎ特別代金

国内線乗り継ぎ特別代金を利用して海外へ!日本各地から国内線の往復がおトクな追加代金にてご利用になれます。ANAワンダーアースをご利用の方はこちら

〜〜〜 ご利用に際し下記の注意事項を必ずお読みください 〜〜〜

  • 重要◆国内線乗り継ぎ特別代金をご利用の場合は、発着地の変更として国内線区間も本体ツアーと合わせて一つの募集型企画旅行契約としてお取り扱いします。
    この場合、国内線区間の手配が完了した時点で、国内線出発空港から国内線帰着空港までの範囲が契約(責任)範囲になります。
  • 重要◆出発日前日から起算して30日前(ピーク時は40日前)以降の国内線の追加、国内線利用便の変更、国内線のみのお取り消しをされる場合、当社海外募集型企画旅行「旅行条件書」●15旅行計画の解除・払戻し(1)①(ア)の取消料を申し受けます。
    (取消料対象期間内の国内線の追加・変更・取消は、本体ツアーの予約取消後の再予約として取り扱いします。既に手配完了済みであった国際線区間を含めた航空機手配を一旦取り消し、再度新規に予約を行なう為、空席状況ならびに手配上の都合により、再予約を承れない場合があります。)
  • 重要◆「旅作」商品にご参加の方はご利用になれません。
  • ◆国内線は往復ともに基本コースとは別の予約が必要です。満席などで予約できない場合はご利用になれません。
    国内線乗り継ぎ特別代金は、正規運賃の座席枠に空席がある場合も座席の確保ができない場合があります。
  • ◆国際線の利用クラスにかかわらず国内線区間は普通席のご利用となり、プレミアムクラスの事前予約はできません。
  • ◆ご利用の便は下記条件を満たす指定便になります。
    ①他社とのコードシェア便を含むANA便 ②成田または羽田までの直行便 ③国内線から国際線、国際線から国内線への乗り継ぎ時間が24時間以内の便
    ④各乗り継ぎ空港ごとに定められた、国際線と国内線の乗り継ぎに必要な時間を充たしている便
    ※そのため、国際線出発日の前日、もしくは国際線到着日の翌日の乗り継ぎ便となる場合がございます。
    ※国内線フライトスケジュールの変更により、一部路線において季節運航により直行便が運休になった場合はご利用になれません。
  • ◆航空機など交通機関の遅延などでご利用いただけない場合でも、払い戻しは承れません。
  • ◆航空機以外の交通費および宿泊が必要になる場合の宿泊費用は、お客様負担になります。
  • ◆成田空港⇔羽田空港間、関西空港⇔伊丹空港間、関西空港⇔神戸空港間の交通機関はお客様ご自身の手配、ご負担になります。
  • ◆国内線乗り継ぎ特別代金で国内線をご利用の場合は、国内航空券を含む全区間の航空券(一部現地渡し区間を除く)をお渡しいたします。
    搭乗手続きはお客様ご自身で行っていただきます。また、悪天候等によりサービス内容の変更を必要とする事由が生じた場合における代替サービスの手配および必要な手続きの一部をお客様ご自身にお願いすることがあります。その際の当社の緊急連絡先は、最終日程表でご案内させていただきます。
  • ◆基本コースの出発日前日から起算して14日前以降の申し込み、変更、取り消しは承れません。
  • ◆国内線お乗り継ぎ搭乗手続きなどは、お客様ご自身で行なっていただきます。
  • ◆「現地空港から参加プラン」、「現地ホテルから参加プラン」でご参加の方はご利用になれません。

エア・カナダ 国際線をご利用の方

<成田発着のツアー>エア・カナダ 国際線利用

(国際線 ビジネスクラス・エコノミークラス利用共通)

国内線出発空港 方面 追加代金
  • 札幌、小松、大阪(伊丹)、広島、福岡、沖縄(那覇)
    名古屋(中部)、仙台、新潟
    女満別、旭川、釧路、帯広、函館、秋田、庄内
    富山、能登、大阪(関空)、神戸、鳥取、岡山、米子、山口宇部、岩国
    高松、松山、徳島、高知
    北九州、大分、熊本、佐賀、長崎、宮崎、鹿児島
カナダ 0円
(往復)
旅行代金に
含まれます

※1)ANA以外の機材・乗務員で運航されるコードシェア便はご利用になれません(神戸を除く)。

乗り継ぎのご案内

国際線と国内線の乗り継ぎの際は、最低、下記の時間が必要です。(移動のための交通機関の所要時間を含む)

発着空港 往路 復路
成田空港内 45分以上 1時間15分以上
羽田空港内 - -
成田⇔羽田 3時間以上 3時間以上
  • ※成田空港⇔羽田空港間の交通機関はお客様ご自身の手配、ご負担になります。(成田空港⇔羽田空港はリムジンバスで約65〜85分。大人片道3,100円)
  • ※上記は2015年1月1日現在の予定になり、変更になる場合があります。

ページトップへ戻る