操縦士特有の運航環境を踏まえた乗務時間上限基準の設定について

平素よりANAをご利用いただき誠にありがとうございます。
国際民間航空機関(ICAO)の指針に基づき、国土交通省航空局による操縦士の疲労管理基準が定められ、令和3年12月1日から実施することとなりました。
新たな基準の制定に伴い、航路上の風の影響、悪天候その他事由により、状況によっては遅延や欠航が生じる可能性もございます。

最新の運航状況の詳細は以下をご確認ください。

参考

2021年11月25日
全日本空輸株式会社