観光

美しい歴史的建造物、トラピスチヌ修道院とハリストス正教会

北海道函館市

異文化を感じさせる美しい建造物

syudoin

函館には幕末以降の開港による異文化の流入により、いくつもの教会や修道院が建てられた。当初、神道や仏教に代わってのキリスト教布教の道はたやすいことではなかったが、その建造物の数々は今でも美しい文化財として函館の街を彩っている。

函館ハリストス正教会

syudoin

日本初のロシア正教会聖堂であり、白壁と緑屋根の対比が美しく、函館を代表する歴史的建造物である函館ハリストス正教会。現存する聖堂は1916年築で、週末などには美しい鐘の音色が響きわたる。
カトリック元町教会は、最初の教会堂は1859(安政6)年創建され、現在の建物は1923(大正12)年に再建。大聖堂内の祭壇はローマ法王から贈られたものであり、元町の代表的風景、教会群の一角を占める。
地図を見る

トラピスチヌ修道院

syudoin

トラピスチヌ修道院は、日本初の女子観想修道院として1898(明治31)年に創立され、現在の聖堂は1927年に再建。前庭や売店併設の資料室の見学が可能だ。
このように多くの教会や修道院が点在しており、周遊しながらの観光もおすすめ。
地図をみる

ANAのツアーで行こう!

航空券と宿泊プランがセットになったおトクなダイナミックパッケージ。