Pick up!体験

桃山文化を辿り、潮風に吹かれる「九州オルレ唐津コース」を歩こう

佐賀県 唐津市

九州オルレ唐津コース

オルレとは、韓国の済州島発祥のトレッキングのことで、もともとは済州の言葉で「通りから家に通じる狭い路地」という意味です。
 オルレの魅力は、海岸線や山道または民家の路地裏などをゆっくりと自分ペースで歩くところにあります。
九州でもオルレとして認定されたコースがいくつかあり、「唐津コース」もそのひとつです。

コース上で移り変わる様々な景色だけでなく、歴史や文化も楽しむことができるのが唐津コースの特徴。豊臣秀吉が朝鮮出兵のために築城した肥前名護屋城跡を中心に、周辺には前田利家や島津義弘などの戦国武将の陣跡を辿ります。それぞれの遺跡には石垣や茶室跡などの遺構が残り、当時の武将たちの生活を感じることができます。

後半は、玄界灘の潮風を受けながら歩く気持ちの良いコースです。フィニッシュ地点の波戸岬は、沢山の人で賑わう観光地でもあり、サザエの壺焼き屋台が軒を連ねます。フィニッシュ後に食べるサザエやイカ焼きは格別です。

URL

九州旅ネット九州オルレ唐津コース

住所

唐津市鎮西町名護屋1859 道の駅「桃山天下市」(スタート地点)地図を見る

アクセス

(車)
福岡空港からスタート地点まで約90分
※フィニッシュ地点付近の波戸岬第1駐車場に駐車し、路線バスでスタート地点へ移動する方法が便利です。
(バス)
唐津大手口バスセンターから値賀・名護屋線で40分~50分
「名護屋城博物館入口」下車すぐ

お問い合わせ先

鎮西町観光案内所
0955-51-1052

関連記事