観光

肥前名護屋城の城跡で豊臣秀吉たち武将の夢に触れる

佐賀県唐津市

肥前名護屋城跡

佐賀県唐津市の肥前名護屋城は豊臣秀吉が築いた城。現在の城跡には石垣や武将たちの陣跡が残っており、併設する名護屋城博物館では歴史を学べます。また、桜の名所としても有名で、多くの人が訪れます。天下統一を成し遂げた秀吉がこの城を築いたのはおよそ420年前。朝鮮出兵のため、命を受けた徳川家康、伊達政宗、前田利家、加藤清正など、名だたる戦国武将がこの地に集いました。今でも、天守閣跡からは壱岐、対馬を眺めることができます。

桜の名所としても知られ、春になると城跡の随所にソメイヨシノが咲き誇ります。

名護屋城は、総面積17万㎡の大坂城に次ぐ規模で、日本の城郭史上に、近世初頭の特徴を残す重要な城跡とされています。広大な敷地内には多くの石垣や残されています。
城跡の隣には「名護屋城博物館」が併設されており、日本と朝鮮半島との歴史を学ぶことができます。

URL

http://hizen-nagoya.jp/

住所

唐津市鎮西町名護屋地図を見る

アクセス

(車)
福岡空港から約90分
(バス)
唐津大手口バスセンターから値賀・名護屋線で40分~50分
「名護屋城博物館入口」下車すぐ

お問い合わせ先

名護屋城跡観光案内所 0955-82-5774

料金

歴史遺産維持協力金100円(任意)

関連記事