ANA Future promise 資源 機内食の容器を地球環境に優しい植物由来の『バガス素材』へ

2021年8月4日

ANA は 2021 年 8 月より順次、日本の航空会社として初めて、国際線エコノミークラス機内食の容器をプラスチック製から地球環境に優しい「バガス素材」へ変更します。

国際線エコノミークラス機内食の現容器と新容器を並べた写真

バガス素材とは?

「バガス素材」は、サトウキビから砂糖を作る際に不要になる茎や葉を使用した素材で、廃棄物のリサイクルやもともと使用していたプラスチックの使用量削減に繋がります。

「バガス素材」の新たな容器は、何十回もの試験を重ね、地上や上空など様々な環境下において厳しい安全・衛生要件を満たしているため、お客様にこれまで同様にお食事をお楽しみいただけます。

色違いの二種の新容器の写真
  • 蓋に食品が染みていることがございますが、お食事の品質には一切影響ございません。

環境にどれくらい影響があるの?

実際に、機内食の主菜用容器をバガス素材に変更することにより、使い捨てプラスチック使用量の約 3 割にあたる年間約 317 トン(2019年度比較)の削減を実現します。

317トンとは B777-300の機体(約160トン) 2機分

ANAでは、これまでも2020年度に機内で使用するプラスチック製品のうち、カトラリーやマドラーは木製のものへ、ストローはバイオプラスチック製のものへ変更するなど、地球環境に配慮した取り組みを進め、 2020年度は2019年度と比較し年間約25トンの使い捨てプラスチック使用量を削減しました。 

25トンとは水が入った2Lのペットボトル12500本分
木製のフォークとナイフの写真

ANAは今後も、使い捨てプラスチック使用量の更なる削減に向け、様々な物品の環境配慮型素材への変更を進めてまいります。

  • SDGs 1番 貧困をなくそう
  • SDGs 2番 飢餓をゼロに
  • SDGs 3番 すべての人に健康と福祉を
  • SDGs 4番 質の高い教育をみんなに
  • SDGs 5番 ジェンダー平等を実現しよう
  • SDGs 6番 安全な水とトイレを世界中に
  • SDGs 7番 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • SDGs 8番 働きがいも経済成長も
  • SDGs 9番 産業と技術革新基盤をつくろう
  • SDGs 10番 人や国の不平等をなくそう
  • SDGs 11番 住み続けられるまちづくりを
  • SDGs 12番 つくる責任つかう責任
  • SDGs 13番 気候変動に具体的な対策を
  • SDGs 14番 海の豊かさを守ろう
  • SDGs 15番 陸の豊かさも守ろう
  • SDGs 16番 平和と公正をすべての人に
  • SDGs 17番 パートナーシップで目標を達成しよう