よくあるお問い合わせ

よくお問い合わせをいただく事柄についてご説明いたします。

よくあるお問い合わせ一覧

A:一人1枚の陰性証明が必要です。

A:証明書に厚労省の指定する事項がすべて正確に記載されていない場合、ご搭乗をお断りすることや日本への入国が認められない場合があります。

A:原則として、検査証明書は印刷して提示してください。なお、やむを得ない事情で検査証明書を紙で取得できない場合は、電子的に交付された検査証明書(PDF・画像・写真・メールの添付ファイル・専用のアプリ等)を表示し、記載項目が目視で確認できるものに限り、有効な検査証明書とみなされます。ただし、お客様が記載内容を変更できる可変媒体(ワード、エクセル、メール本文など)や検査証明書の有効性を確認するために必要な項目(人定事項、検体や検査方法等)が不鮮明なものは無効とされますので、ご注意ください。
なお、特段の事情があり、日本上陸を許可されている外国籍のお客様は、検査証明を印刷して提出することが義務付けられておりますのでご注意ください。詳しくは、法務省ホームページをご確認ください。

A:検査を行った医療機関や検査機関を指します。

A:第一区間出発便の出発予定時刻から起算します。

  • 航空機を乗り継いでANA国際線にご搭乗いただく場合
    経由地において、空港外に出た場合や空港外の宿泊施設で宿泊した場合には、「出国前検査72時間以内」の起算点が、乗継便の出発時刻となります。
  • 「⇒」は行き先を表します。

トロントからロサンゼルスを経由し羽田へ入国する国際線乗り継ぎありの旅程、乗り継ぎが経由目的で、経由地(ロサンゼルス)において、空港内に留まる場合に限り、トロント⇒ロサンゼルス便の予定出発時間が起算ポイント


デンバーからロサンゼルスを経由し羽田へ入国する国内線乗り継ぎありの旅程、乗り継ぎが経由目的で、経由地(ロサンゼルス)で、空港内に留まる場合に限り、デンバー⇒ロサンゼルス便の予定出発時間が起算ポイント


デンバーからロサンゼルスを経由し羽田へ入国する国内線乗り継ぎありの旅程、経由地(ロサンゼルス)で、空港外に出た場合、空港外の宿泊施設に滞在した場合には、ロサンゼルス⇒羽田便の予定出発時間が起算ポイント

A:厚労省指定のアプリをインストールため13歳以上のすべてのお客様にスマートフォンの携行が求められています。スマートフォンをお持ちでない場合には到着地空港でレンタルしていただきます。ただし、12歳以下でスマートフォンをお持ちでない場合には、保護者(大人)のもと行動を管理していただきレンタルの必要はありません。(12歳以下でもスマートフォンをお持ちの場合はアプリの登録が必要です)