2011年6月8日
共同リリース
 

東日本大震災に対応した臨時便設定について
〜「名古屋(中部)-仙台」を共同運航いたします〜

 このたびの東日本大震災にて被災された地域の皆様、関係の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
 アイベックスエアラインズ株式会社(以下IBEX)と全日本空輸株式会社(以下ANA)は、東日本大震災を受け、仙台空港発着の定期便を欠航としておりますが、被災された地域への交通アクセスの一層の充実を図る為、2011年7月1日(金)〜7月24日(日)の期間、以下のとおり、臨時便を設定し、共同運航(コードシェア)いたします。

 
【臨時便の概要】
1.運航日
  2011年7月1日(金)〜7月24日(日)

2.運航路線/便数
  名古屋(中部)−仙台 / 1日1往復(予定)

3.運航ダイヤ(予定)
 

4.使用機材
  CRJ700 Next Generation (70席)

※就航日・運航スケジュール等は政府ならびに関係機関の認可を前提としております。
※7月25日以降の運航につきましては、他交通機関・インフラの復旧状況等の状況を踏まえて判断をさせていただく予定です。
※運賃等の詳細につきましては、IBEX(www.ibexair.co.jp)またはANA(www.ana.co.jp)をご確認ください。
 
 
以上
 
<お問合せ先>
IBEX 広報担当 03-5606-3337
ANA 広報室 03-6735-1111
 
 
(印刷をされる方はこちらをご利用ください)
東日本大震災に対応した臨時便設定について
 

PDF形式ファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。Get ADOBE® READER®

ページトップへ戻る

Copyright©ANA