ANA  
 
2011年6月1日
共同リリース
 

国土交通省がANA、ルフトハンザの日欧間ATIを認可
〜日本・欧州間で初めての戦略的提携(Joint Venture)がスタートいたします〜

 ANAは、ルフトハンザ・ドイツ航空(以下、ルフトハンザ)と実施する日本=欧州間ネットワークに関する戦略的提携(以下Joint Venture)について、本日、国土交通省よりATI認可を受けました。ANAは、本年4月より米国ユナイテッド航空・コンチネンタル航空とともに太平洋ネットワークに関するJoint Ventureを開始しておりますが、本日のATI認可を受けて日欧間ネットワークについてもJoint Ventureの実施が可能となりました。

 ANAおよびルフトハンザは、本年度下期からのJoint Venture開始を目途に、共通運賃の発売、共同販売、ダイヤ調整等について準備を進めてまいります。

 ANA代表取締役社長 伊東信一郎のコメントは以下の通りです。

 「パートナーであるルフトハンザとの戦略的提携について、当局よりご理解を賜り、感謝申し上げます。欧州とアジアを結ぶルートでは初めてとなるJoint Ventureを通じて、運賃や搭乗便の選択肢を多様化し、お客様へのサービスを充実させるとともに、ANAの国際競争力を高めてまいります。」

 ルフトハンザAG取締役会長 クリストフ・フランツのコメントは以下の通りです。

 「今回の認可は、お客様にとっても利便性を上げる大きなステップとなります。両者のフライトスケジュールの最適化により、日本・ヨーロッパ間の移動をより便利なものとしてまいります。我々はANAと今後密な連携を図り、日本とヨーロッパ双方の経済を近づける一役を担うことを、誇りに思います。」

 ANAとルフトハンザは、スターアライアンスパートナーとして、今後もますますお客様の利便性向上と競争力の強化に努めてまいります。どうぞご期待ください。
 
 
以上
 
≪報道関係者のお問い合わせ先≫
ANA広報室 03-6735-1111
 
 
(印刷をされる方はこちらをご利用ください)
国土交通省がANA、ルフトハンザの日欧間ATIを認可
 

PDF形式ファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。Get ADOBE® READER®

ページトップへ戻る

Copyright©ANA