NEWS ANA

第11A‐044号
2011年6月22日


ANA、ボーイング787の国際線機内シートを発表
〜世界に先駆けて空を飛ぶANAの787、新しい空の旅にご期待ください〜

 ANAは、今年8月〜9月に世界で初めて受領する最新鋭の飛行機ボーイング787の国際線用機内シート・プロダクトを、パリで行われているエアショーにおいて本日発表いたします。

 ANAならではのオリジナリティを備えたブランド・コンセプト「Inspiration of Japan」を787にも導入し、世界で最も新しく革新的な飛行機787から始まる新しいANAの空の旅。ANAはこれからも、世界の皆様に「夢」と「感動」をお届けしてまいります。

 この秋、ANAが世界に先駆けていよいよ就航させるボーイング787に、どうぞご期待ください。

 
1.長距離国際線 ビジネスクラス
長距離国際線のビジネスクラスでは、「全席通路側」スタイル、フルフラットシートの「ANA BUSINESS STAGGERED」を搭載いたします。


(1) スタッガードシート
互い違いの配列による、パーソナルな空間にておくつろぎいただけます。
(2) 全席通路アクセス
周囲を気にすることなく、自由に出入りができるシート配置です。
(3) フルフラットシート
就寝時はシートがフルフラット(約180度)に倒れ、ゆっくりとおくつろぎいただけます。
(4) タッチパネル式液晶ワイドスクリーン
クラス最大級である、17インチのタッチパネル式液晶ワイドスクリーンで、映画、ビデオ、音楽、ゲーム等のエンターテイメントプログラムお楽しみください。
(5) その他
ビジネスクラスの全シートにユニバーサルPC電源、USBポート、iPodジャックをご用意しています。
   
  長距離ビジネスクラスシート(イメージ)
 
2.短距離国際線 ビジネスクラス
短距離国際線のビジネスクラスでは、ゆりかごのような心地よさを追求した「クレードル」シートリクライニングの「ANA BUSINESS CRADLE」を搭載いたします。

ANA BUSINESS CRADLE
(1) ゆりかご(CRADLE)シート
リクライニング時には、シート全体で体をしっかりサポートし、ゆりかご(CRADLE)に身を委ねているような心地よいくつろぎ感を追求しました。
(2) タッチパネル式液晶ワイドスクリーン
12.1インチモニター(最前列は10.6インチ)で、映画、ビデオ、音楽、ゲーム等のエンターテイメントプログラムをお楽しみいただけます。
(3) その他
全シートにユニバーサル電源、USBポートをご用意します。
   
  短距離ビジネスクラスシート(イメージ)
 
3.長距離・短距離国際線 エコノミークラス
エコノミークラスでは、長距離・短距離路線ともに、後部座席を気にせずリクライニングでき、前席のリクライニングも気にならない「Fixed Back Shell」スタイルのシートを採用いたします。

(1) Fixed Back Shellシート
後部座席を気にせずリクライニングできる「Fixed Back Shell」を搭載。
(2) タッチパネル式液晶ワイドスクリーン
12.1インチモニター(最前列は10.6インチ)で、映画、ビデオ、音楽、ゲーム等のエンターテイメントプログラムをお楽しみいただけます。
(3) その他
全シートにユニバーサル電源、USBポートをご用意します。
   
  エコノミークラスシート(イメージ)
 
4.その他787の客室の特徴
(1) 窓の大型化 
窓の大きさはおよそ縦47cm、横28cm。ボーイング767との面積比で1.3倍に拡大。明るく、視界もワイドで、より快適な機内へ。
(2) 手荷物入れの大型化
業界最大、機内持ち込みサイズのキャリーバックが4個入る大型の手荷物入れ。ボーイング777比で約1.3倍へ拡大されます。
(3) 温水洗浄機能付トイレ
TOTO株式会社、株式会社ジャムコ、及びボーイング社との共同開発による、航空機向け温水洗浄機能付き便座「ウォシュレット」*を導入し、各クラスのトイレに搭載します。
※「ウォシュレット」はTOTOの登録商標です。
(4) 人に優しい機内
在来機の8000フィート(2400メートル)と比べ、客室内の気圧を高度6000フィート(1800メートル)に保つことで、より快適に。

 さらにANAでは、6月15日より、「ボーイング787スペシャルWEBサイト」をリニューアルいたしました。この機会に、ぜひご覧ください。 http://www.ana.co.jp/promotion/b787/index.html
 
以上
 
 
(印刷をされる方はこちらをご利用ください)
ANA、ボーイング787の国際線機内シートを発表
 

PDF形式ファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。Get ADOBE® READER®

ページトップへ戻る

Copyright©ANA