2011年7月31日
エアインディアのスターアライアンスへの加盟の保留について

 スターアライアンス加盟航空会社とエアインディアは、エアインディアの加盟について保留とすることを決定いたしました。これはエアインディアが、2007年12月に契約合意した加盟条件を満たさなかったためです。

 エアインディア加盟に関するインド運輸省、スターアライアンス ヤーン・アルブレヒトCEO、エアインディア アービンド・ジャドハブCEOとの会合を受けて、その後、スターアライアンスの社長会は、エアインディア加盟の保留を決定いたしました。

 スターアライアンス ヤーン・アルブレヒトCEOは以下のように述べました。
「今回の保留の決定が、エアインディアの新たな戦略の方向性に、より柔軟性をもたらすことを我々は願っています。スターアライアンス加盟航空会社は、今後も必要に応じてエアインディアへの支援を続けていきます。」

 エアインディアとスターアライアンス加盟航空会社との既存の2社間提携については、今回の決定による影響を受けません。また将来、双方の環境が整えば、アライアンス加盟を検討する可能性が引き続き残っております。


スターアライアンスについて:
スター アライアンスは、1997年に世界で初めての正式なグローバル航空会社連合として設立され、世界規模のネットワークとシームレスなサービスを提供しています。エア・トランスポート・ワールド誌のマーケットリーダーシップ賞、ビジネストラベラー誌およびスカイトラックスによるベスト・エアライン・アライアンス表彰など数多くの賞を受賞し、高い評価を得ています。現在の加盟航空会社は、アドリア航空、エーゲ航空、エアカナダ、中国国際航空、ニュージーランド航空、ANA、アシアナ航空、オーストリア航空、ブルーワン航空、ブリティッシュ・ミッドランド航空、ブリュッセル航空、コンチネンタル航空、クロアチア航空、エジプト航空、LOTポーランド航空、ルフトハンザ・ドイツ航空、スカンジナビア航空、シンガポール航空、南アフリカ航空、スパンエア、スイス インターナショナル エアラインズ、TAM航空、TAPポルトガル航空、トルコ航空、タイ航空、ユナイテッド航空、USエアウェイズで、今後アビアンカータカ航空、コパ航空、エチオピア航空、深圳の加盟が合意されています。スター アライアンスネットワークは、計185カ国の1,185の空港へ、毎日21,200便以上の便を運航しています。

 
 
報道関係者のお問い合わせ
 スター アライアンス プレス・オフィス
  TEL +49-69-96375-183
  FAX +49-69-96375-683
  Email mediarelations@staralliance.com
  www.staralliance.com
 エアインディア
  TEL +91-12-4-4712-024
 
 
(印刷をされる方はこちらをご利用ください)
エアインディアのスターアライアンスへの加盟の保留について
 

PDF形式ファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。Get ADOBE® READER®

ページトップへ戻る

Copyright©ANA