NEWS ANA

第11A‐078号
2011年8月23日


2011年度下期 ANAグループ航空輸送事業計画を一部変更

〜 ボーイング787がいよいよ就航!さらなるネットワークの拡充を図ります 〜
〜 羽田=フランクフルト、中部=香港線を開設します 〜
〜 羽田=千歳、秋田、徳島線を増便します 〜
〜 伊丹=秋田線、松山=沖縄線を開設します 〜

 ANAグループは、2011年度下期の国際線・国内線航空輸送事業計画の一部を変更いたしました。
 東日本大震災直後は航空需要も大きな影響を受けましたが、徐々に需要も回復する中、待望のボーイング787の導入を契機に、羽田=フランクフルト線の新規開設など、さらなるネットワークの拡充を図ってまいります※1。
 国内線、国際線の路線便数、運航機種等の詳細は以下のとおりです※2。


※1   ボーイング787の路線計画の詳細については、ANA NEWS第11A-079号をご参照ください。
※2   これらの計画は関係当局の認可を前提としております。また、スケジュールは予定であり、都合により変更となる場合もございますので、あらかじめご了承ください。
 
1.国際線
 ボーイング787を活用した新たな羽田深夜国際線、またルフトハンザ・ドイツ航空とのJoint Ventureの一環として、2012年1月より羽田=フランクフルト線を開設いたします。
 中部=香港線の開設、成田=厦門・広州線の機材大型化を実施するなど、引き続きネットワークの拡充を図ってまいります。
(1)新規開設

(2)休止・期間減便

(3)機種変更

(4)新プロダクトの投入
   欧米路線でご好評をいただいているボーイング777-300ER新仕様(ビジネスクラスはANA BUSINESS STAGGERED、エコノミークラスはFIXED BACKSHELLシート装備)への改修を順次実施し、既に導入済みの成田=ニューヨーク、フランクフルト、ロンドン線に続き、以下の路線に順次投入いたします。

 
2.国内線
 東日本大震災以降、徐々に回復している需要動向を踏まえ、路線・マーケット状況に応じた増減便を実施し、引続き需給適合を図ってまいります。
(1)新規開設・再開・増便 (※5)

(2)減便・期間運休

 
3.貨物専用便
 アジア域内需要の一層の取り込み、及び利便性向上のため、以下の増便を実施いたします。

 
 
以上
 
別紙:
大阪=秋田線(2011年12月16日〜2012年3月24日搭乗分
札幌=紋別線(2011年10月30日〜2012年1月31日搭乗分)
松山=沖縄線(2011年10月30日〜2012年3月24日搭乗分) 運賃一覧
 
(印刷をされる方はこちらをご利用ください)
2011年度下期 ANAグループ航空輸送事業計画を一部変更

PDF形式ファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。Get ADOBE® READER®

ページトップへ戻る

Copyright©ANA